マザーファンド

マザーファンド(Mother Fund、親ファンド)とは、その下にぶら下がる形の複数のベビーファンド(Baby Fund)の資金を集めて運用されるファンドです。

投資家は直接にはマザーファンドを買い付けることはできず、ベビーファンドを通じて投資する形になります。投資家がベビーファンドに投資し、その資金をまとめてマザーファンドで投資する形は、ファミリーファンド方式と呼ばれます。

  


マザーファンドでまとまった金額で運用することにより、スケールメリットや、売買コストの削減効果も高まり、効率よく運用できることが利点です。

ここで重要なことは、投資家はベビーファンドの信託報酬だけ負担し、マザーファンド自体の信託報酬は一切かからない点です。

SMTインデックスシリーズeMAXISインデックスシリーズFunds-iインデックスシリーズを始め、世界経済インデックスファンドなどのバランスファンドもファミリーファンド方式により低コスト化を実現しています。

これに対し、ファンドオブファンズ形式は、1つのファンドが他のファンドに投資する方式であり、信託報酬を二重に負担する方式で、コストが高くなりがちです。(ただし複数の異なる運用会社のファンドに投資する場合は、ファンドオブファンズ形式しか選べません)

投資を検討するファンドがファミリーファンド形式ファンドオブファンズ形式かはコストに大きく影響を与えるため、必ず最初に確認すべき項目の1つです。


 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る