明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)、全く買う必要なし

明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)は、シティ日本国債インデックスベンチマークとする日本債券アクティブファンドです。2000年1月28日より運用されています。

国内外いずれかの評価機関からBBB格あるいはBBB格相当以上の格付を得ている、信用度の高い銘柄を投資対象とし」、「ファンダメンタルズ分析、金利動向予測、イールドカーブ分析等を行い、国債、政府保証債、公共債等をポートフォリオの核とし、ポートフォリオ全体のリスクの低減を図りつつ投資を行う」ことで、ベンチマークを中・長期的に上回る運用成果をあげることを目標としています。

明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)


ただ、アクティブファンドとして肝心のリターンは、ベンチマークを下回っている残念なファンドです。日本債券ファンドとして信託報酬も年0.55%(税抜)と高く、購入する必要は全くありません。

(2016年12月25日更新)



 


明治安田日本債券ファンド(ホワイトウィング)の基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.55%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(1月20日)
資産配分比率:日本の公社債計68銘柄に投資(2014年11月30日時点)

債券種別構成比率は以下の通りです。ベンチマークが国債のみを対象としているのに対し、本ファンドは事業債(社債)も組入れ、リターン向上を狙っています。

    
債券種別 ファンド組入比率  (参考)ベンチマーク組入比率
国債  54.3%  100%
事業債等  43.0%  なし
コール等その他  2.8%  なし


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。デュレーションは10.48年、複利利回りは年0.47%です。

明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング) 組入上位10銘柄の構成比率


償還日:無期限
運用:明治安田アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)



明治安田日本債券ファンド(ホワイトウィング)、管理人の感想と評価

リターンがベンチマークに劣るダメアクティブファンド

設定来のリターンが、ベンチマークであるシティ日本国債インデックスより劣っており、アクティブファンドとして存在価値はありません。

下記が、本ファンドの設定来のリターンとベンチマークの騰落率の比較グラフです。 設定来(2000年1月からの)で、リターンはベンチマークを下回り続けています。

しかもファンドのリターンは分配金を出すことにより税金が引かれる分を考慮していませんので、実際はこれよりもリターンは下がります。

明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング) 基準価額と純資産、ベンチマークの推移


アクティブファンドの存在価値は、ベンチマークより成績が良いかどうかの1点だけです。理念などはベンチマークを上回って初めて、聞くに値するものでありましょう。

また当ファンドはベンチマークよりリターンが劣っていても、月報や運用報告書にも改善の取り組みも何らの説明もなく完全スルーです。投資家をバカにしているファンドの1つと言っても良いでしょう。

コストはその分確実にリターンを削ります。日本債券ファンドは、期待リターンが低いだけによりコストがより重要となります。

アセットアロケーションに日本債券ファンドを組み込む場合は、本ファンドよりはるかに低コストのインデックスファンドであるiFree 日本債券インデックス(信託報酬0.14%(税抜))等を選択するのが無難だし、当然の結論と言えます。



明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)の購入先

明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。


フィデリティ証券SBI証券楽天証券カブドットコム証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る