三菱UFJトピックスインデックスオープン・・・もっと低コストの投信を

三菱UFJトピックスインデックスオープンは、日本の東証一部上場銘柄全てを投資対象とするTOPIX(東証株価指数)ベンチマークとする日本株式インデックスファンドです。




2008年時点ではTOPIXインデックスファンドとして信託報酬0.65%(税抜)は低コストと言えたのですが・・・・
  

(2014年9月12日更新)



 


三菱UFJトピックスインデックスオープンの基本的情報

購入単位SBI証券楽天証券では100円から購入可能
信託報酬年率0.65%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
決算:年1回(2月20日)。 毎年50円の分配金を出しています。
資産配分比率: 東証一部上場の1782銘柄に分散投資(2014年8月29日時点)

組入上位15銘柄の構成比率は以下の通りです。

三菱UFJトピックスインデックスオープン 上位15銘柄の構成比率


償還日:無期限
運用:三菱UFJ国際投信株式会社
為替ヘッジ:なし(投資対象の日本株式に為替リスクはありません。)



三菱UFJトピックスインデックスオープン、管理人の感想と評価

2008年時点ではTOPIXインデックスファンドとして信託報酬0.65%(税抜)は低コストと言えたのですが・・・・、今では低コストインデックスシリーズの登場により、すっかり時代遅れの高コストファンドとなってしまいました。

日本株式クラスのTOPIXインデックスファンドであれば、最もコストの低いeMAXIS Slim 国内株式インデックス(信託報酬0.159%)や三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(0.16%)を選ぶべきです。

どちらのファンドもSBI証券楽天証券をはじめとする主要ネット証券で販売されており、よほど低コストです。

旧水準の信託報酬のままで誰からも忘れ去られている存在となっており、三菱UFJトピックスインデックスオープンをわざわざ購入する必要はありません。



三菱UFJトピックスインデックスオープンの購入先

三菱UFJトピックスインデックスオープンをノーロードで購入できる証券会社は、下記の通りです。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る