三菱UFJ NASDAQオープン Bコースの評価・解説

三菱UFJ NASDAQオープン Bコースは、NASDAQ総合指数参考指数とし、これを上回るリターンをあげることを目標とする、米国株式アクティブファンドです。

「NASDAQ上場銘柄の中から、長期的な成長が期待できる企業にボトムアップアプローチで投資する」とのことですが、設定来のリターンは、「(配当抜きの)参考指数のリターンの半分以下しか残せていない」という驚異的に成績の悪いアクティブファンドです。

にも関わらず、信託報酬は年1.52%(税抜)と高コストであり、1ミリも投資価値はありません。なお、マザーファンドは同一で、為替ヘッジ付であることだけが異なる三菱UFJ NASDAQオープンAコースもあります。

(2016年5月19日更新)



 


三菱UFJ NASDAQオープン Bコースの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率1.52%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算:年1回(7月31日)。
・資産配分比率: アメリカのNASDAQ上場株式銘柄のうち29銘柄に投資(2016年4月28日時点)
    
業種別構成比率は以下の通りです。
三菱UFJ NASDAQオープン Bコース 業種別組入構成比率


組入上位15銘柄は以下の通りです。アップルやマイクロソフト、インテルなどハイテク企業が軒並み上位に来ています。

三菱UFJ NASDAQオープン Bコース 組入上位15銘柄の構成比率


・償還日:2021年7月30日
・運用:三菱UFJ国際投信
・為替ヘッジ:なし


三菱UFJ NASDAQオープン Bコース、管理人の感想と評価

まず、アメリカ単一国の株式に投資するアクティブファンドにも関わらず、先進国株式ファンドとして信託報酬が年1.52%(税抜)は高すぎます。

さらに大問題なのは、リターンの驚くべき低さです。以下が、設定来のリターン(青色:分配金再投資)と、参考指数(赤色)の比較です。参考指数に、大きくリターンが劣っていることがわかります。

三菱UFJ NASDAQオープン Bコース 設定来のリターンと参考指数のリターン比較


参考指数である赤色のNASDAQ総合指数は、配当を含んでいない指数であること、青色の本ファドのリターンは、分配金の税金がゼロと仮定した都合の良いデータであることから、実際はグラフよりもさらに、リターンの差は広がります。

アクティブファンドの存在価値は、ベンチマークや参考指数よりリターンが良いことの1点のみです。その意味では、コストだけ高くて肝心のリターンが超絶に悪い、三菱UFJ NASDAQオープン Bコースに存在価値は全くありません。

もしも設定当初から三菱UFJ NASDAQオープン Bコースに投資してしまった人に対しては、こちらの言葉をお贈りしたいと思います。

   三菱UFJ NASDAQオープン Bコース


米国株式のみに低コストで投資したい場合は、SMTダウ・ジョーンズ インデックス・オープン(信託報酬0.50%)などの方がよほど良いですが、米国株式に限定せずに先進国株式全体に幅広く投資できる、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.24%)等を選択する方がより分散投資ができ、理にかなった資産運用が可能です。



三菱UFJ NASDAQオープン Bコースの購入先

三菱UFJ NASDAQオープン Bコースをノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券カブドットコム証券スルガ銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る