森永卓郎さん(経済アナリスト)のアセットアロケーション

森永卓郎さん、09年初にマスコミでかなり過激な発言をして物議を醸していたらしいですね。何を言ったのか分かりませんが、森永卓郎さんは何を言ってもなんか許せちゃうところが、彼の人柄なのでしょうか。

愛くるしい笑顔に、やられちゃうんでしょうね。写真は森永さんの公式サイトから転載させていただきました。経済アナリストと言うよりも、日本有数のコレクターの方が肩書としては似合いますね。凄いです。


そんな森永卓郎さんのアセットアロケーションが、サンデー毎日の09年5月31日号に出ていましたので、ご紹介します。

果たしてどんなアロケーションなのか、興味津々ですよね。 

森永卓郎さんの、09年5月現在のアセットアロケーションです。

一見すると、経済に詳しい人と思えないようなアセットアロケーションです。が、紙面を読むうちに、納得しました。現在現金の比率が非常に高いのには、キチンとした理由が有ったんですね。以下のように話しています。


本当はもっと日本株を買いたい。今はタダみたいな株価になっていて絶好のチャンスじゃないですか。世間の人たちは何でもっと買わないんだろう。不思議でならないですね

そう言う僕が今、株を持っていないのは、大きな買い物をするために貯金をしているから。年内に東京・秋葉原のペンシルビルを買って、集めたコレクションを展示する博物館をオープンします。2012年に一般公開します。

(途中略)B宝館(博物館の名称)は投資ではありません。普通に考えたら月に何十万もの赤字になります。浪費ですけど、カネは使うためにあるからこれでいいんです。」

なるほど、しっかりと考えてこのような配分になってるんですね。荻原 博子さんに聞かせてやりたいです。

それにしても月何十万の赤字に耐えられるような収入が、お有りなんですね。素晴らしいです。だからこそあそこまでのコレクションが出来るのでしょう。

ちなみに、購入する株式ですが、「生活に役立つ株主優待を貰える銘柄」に限るそうです。具体的には「食べ物系」のマック、吉野家、リンガーハット、「乗り物系」のJAL、ANA、JR各社、「買い物系」のイオン、ダイエー(ダイエーってまだあるんか?)、「おもちゃ系」のタカラトミーなどなど、のようです。

さわかみファンドの社長が、「応援したい会社、社会に役に立つと思える会社の株を買いなさい」とセミナーで行っていたのを思い出しました。

株もコレクションの一つに入るため、生活に追い詰められない限り、売る気は無いんです」と語る森永卓郎さん、やっている事は筋金入りの長期投資家です

リーマンショックで狼狽売りをしてしまった多くの人と違って、すでに悟りの境地に達しているのかも知れません。

森永卓郎さんの著作については、下記の通りです。さすがオタク(褒め言葉です)!
他の経済人には無い、「ゲームソフト」もあります。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る