浪花おふくろファンド・・・コストが高すぎて長期投資に不向き

国内外の株式を投資対象とするアクティブファンドに、ファンドオブファンズ形式で投資する、世界株式バランスファンドです。

浪花おふくろ投信株式会社、楽知ん投信株式会社、かいたく投信株式会社が2010年4月1日に、合併して誕生した、クローバー・アセットマネジメントが運用しています。

クローバー・アセットマネジメントが他に運用している、かいたくファンドらくちんファンドと同じように、投資比率こそ違うだけで、長期投資を謳うコンセプトも全く同じです。

月報報告内容も、各ファンドの資産配分比率や騰落率の他は、完全に同じ文章の使いまわしであり、流石にこの手抜きは悲しいものが有ります。残念ながら信託報酬もやけに高く、長期投資には不向きのファンドです。

(2016年6月14日更新)



 


浪花おふくろファンドの基本的情報

・購入単位:1万円以上1円単位
信託報酬年率1.65%±0.25%(税込)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(3月3日)。設定来分配金は出していません。
・資産配分比率: 計325銘柄に投資(2016年5月31日時点)

下記5つのアクティブファンドにファンドオブファンズ形式で投資しています。時をとるごとに、月報記載が簡略化され、ついに「その他2本」などというふざけたやる気のない記載になっています。

組入ファンド 投資対象 比率
さわかみファンド  日本株式  22.66%
ひふみ投信  日本株式  24.12%
TMA長期投資ファンド  国内外の株式  38.71%
その他2本  不明  11.18%
現金など  -  3.33%


国別構成比率は以下の通りです。どこのファンドの月報に、国別構成比率を、日本、米国、欧州、新興国などざっくりしすぎのところがあるのか、運用側のやる気のなさが見て取れます。

投資国 比率
日本  66.95%
アメリカ  10.12%
欧州  4.72%
新興国  5.94%
その他  8.94%
現金など  3.33%


・償還日:無期限
・運用:クローバー・アセットマネジメント(旧 浪花おふくろ投信)
・為替ヘッジ:なし


浪花おふくろファンド、管理人の感想と評価

信託報酬が1.65%±0.25%(税込)とあまりにも高すぎ、「長期投資」を連呼しながら全くコストのことが考えられていない、非常に痛いファンドと言えます。

日本株式が過半数を占めており、国際分散投資とも言えない偏った配分比率となっており、資産形成には非常に使いづらいです。

資産配分比率も、景気変動に応じて変更すると言っているだけで、なぜその国別配分なのかといった点も非常に不透明です。アクティブファンドにも関わらず、運用手腕の基準となるベンチマークも参考指数も存在せず、全く話になりません。

日本を含む先進国、新興国の株式に投資するのであれば、たとえばMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)をベンチマークとし、これを上回るリターンを目標とすべきです。

ベンチマークもないアクティブファンドに存在価値はありません。直販ファンドというだけで盲目的に購入する人以外は、今や誰も気に留めない時代遅れのファンドになっています。

アセットアロケーションをどうしてもファンド1本で国際分散投資を実現したい場合は、信託報酬の安いバランス型ノーロード投信にあるようなずっと低コストのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド や、世界経済インデックスファンド等を使った方がよほど合理的です。

チョクハンだからと言って、必ずしもコストが安い訳でも投資に向いているわけでもありません。耳触りのよい言葉に惑わされず、冷静に資産運用を行うべきでしょう。




浪花おふくろファンドの購入先

浪花おふくろファンドは、クローバー・アセットマネジメントにてノーロードで購入できます。購入する必要は無いと思いますが・・・。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る