今では影が薄い、インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)(愛称:DC インデックス海外株式(ヘッジなし))

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)(愛称:DC インデックス海外株式(ヘッジなし))は、日本を除く先進国株式市場の値動きを表すMSCI-KOKUSAI インデックスベンチマークとする先進国株式インデックスファンドです。

旧年金積立インデックスシリーズの1つとして、2001年10月17日より運用されており、2014年7月19日からはファンド名が「年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)」から「インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)」 に変更されました。

現在では、後発のはるかに低コストのインデックスシリーズの登場によって、インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)と共に、すっかり影の薄いファンドとなっています。


(2019年7月18日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)の基本的情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券など主要ネット証券では100円より購入可能。
信託報酬 年率0.84%(税抜)
信託財産留保額 0.3%
運用期間 無期限
決算 年1回(10月26日)。毎回、10円の分配金を出しています。
ファンド運用方式 「海外株式インデックスMSCI-KOKUSAI(ヘッジなし)マザーファンド」にファミリーファンド方式で投資しています。

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし) ファミリーファンド方式構造
運用会社 日興アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ なし


このファンドのポートフォリオなど

日本を除く海外の先進国株式1332銘柄に投資(2019年6月28日時点)。国別構成比率は以下の通りです。アメリカが約66%と2/3を占めています。

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)の組入上位10ヶ国の構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。マイクロソフト、アップル、アマゾンと米国大企業が続きます。

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)の組入上位10銘柄の構成比率



インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)、管理人の感想と評価

信託報酬が時代遅れに高い先進国株式インデックスファンド

MSCI-KOKUSAI インデックスをベンチマークとする先進国株式インデックスファンドの中でも、信託報酬が年0.84%(税抜)と高すぎるのが問題です。

2007年ごろまではノーロードで信託報酬が1.0%(税抜)の先進国株式インデックスファンドはほとんどありませんでしたから、本ファンドは信託報酬年0.84%(税抜)と、1%未満の数少ない先進国株式インデックスファンドの1つとして貴重な存在でした。

しかし、その後の2015年秋ごろからの低コストインデックスシリーズの中で激しい低コスト競争が繰り広げられ、低コスト競争に参加しなかった本ファンドは、今では信託報酬が高いままの時代遅れのインデックスファンドになってしまいました。

さらに、運用報告書記載の1万口当たりの費用明細は以下の通りです。これより実質コスト年0.952%(税込)もかかっており、インデックスファンドを利用した資産形成には、全く不向きな高コストファンドです。

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし) 運用報告書記載の1万口当たりの費用明細


先進国株式インデックスファンドとしては、今ならば信託報酬が0.0999%以内と圧倒的に最安のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬)が購入できる時代です。今どき、わざわざ信託報酬が高い本ファンドを購入する必要は全くありません。


高コストの分、リターンが低い先進国株式インデックスファンド

以下が、本ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスとの過去約2年7ヵ月のリターン比較です。

・インデックスファンド海外株式(ヘッジなし):18.37%
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス: +20.37%
(参考までに、MSCI-KOKUSAI(配当込み)をグラフの緑色で表示させています。)

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)とeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの過去2年7ヵ月のリターン比較グラフ


過去2年7ヵ月で、信託報酬の高いインデックスファンド海外株式(ヘッジなし)は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスよりも、2.0%もリターンが低いです(=MSCI-KOKUSAI(配当込み)との差(トラッキングエラー)が大きい)。

やはりコストは、その分、確実にリターンを引き下げるのがよく分かり、ここまでのリターン差があると、大きな金額を投資している人はリターンの差異は無視できないほどの金額さになります。

アセットアロケーション決定後の先進国株式部分には、圧倒的に信託報酬の低いお勧めの先進国株式インデックスファンドをメインにするのが基本です。



インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)の購入先

インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)は、以下証券会社・銀行でノーロードで購入できます。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券SMBC日興証券ダイレクトコース、あかつき証券、エース証券、伊予銀行京葉銀行中国銀行百十四銀行三菱UFJ銀行


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る