インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型の評価・解説

インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型 (旧 年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジあり))は、シティ世界国債インデックス(除く日本)、ヘッジありをベンチマークとする為替ヘッジ付先進国債券インデックスファンドです。

旧年金積立インデックスシリーズの1つで、ファンド名が「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)」から「インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型」 に変更されました。

インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型 の為替ヘッジあり版であること以外は、信託報酬も年0.67%(税抜)と同一です。

(2014年10月28日更新)



 


インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型の評価

・購入単位:1万円以上 またはSMBC日興証券では積立で最低1000円より購入可能。
・信託報酬:年率0.67%(税抜)
信託財産留保額:0.2%
・決算:年1回(10月26日)。 2014年10月に分配金を10円出しています。
・基本資産配分比率: 日本を除く先進国の国債329銘柄に投資(2014年9月30日時点)

通貨別構成比と残存別構成比は以下の通りです。

インデックスファンド海外債券(ヘッジあり) 通貨別構成比と残存別構成比


・償還日:無期限
・運用:日興アセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ:あり



インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型・感想

為替ヘッジありの先進国債券インデックスファンドとしては、最も古くからあるファンドです。

その後、2013年9月に野村インデックスファンド・外国債券・為替ヘッジ型(信託報酬0.55%)、2013年12月にSMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)(信託報酬0.50%)
が登場し、それよりも高コストの本ファンドはすっかり影が薄くなってしまいました。

為替ヘッジ付の先進国債券インデックスファンドとしては、信託報酬最安のSMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)を選べば良いでしょう。

外国債券ファンドは、その期待リターンの割に為替変動が大きいです。

為替ヘッジありの債券ファンドに投資することは、(ヘッジコストはかかりますが)分散効果のためには意味があります。

また、インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型の信託報酬は年0.67%(税抜)と高めです。最新の運用報告書から計算できる(信託報酬以外のその他費用も合わせた)実質コストは約0.70%です。

外国債券と日本債券クラスの期待リターンは(コスト控除前で)同一であることを考えると、投資する場合もポートフォリオの一部にとどめておくのが無難でしょう。



インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)の購入先

インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型は、以下証券会社でノーロードで購入できます。

フィデリティ証券SMBC日興証券、百十四銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)




★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る