ニッセイ日経225インデックスファンド・・・買わなくて良い存在に

ニッセイ日経225インデックスファンドは、日経平均株価(日経225)をベンチマークとする日本株式に投資できるインデックスファンドです。2004年1月28日より運用されている、老舗のファンドです。

ニッセイ日経225インデックスファンド


当初は確定拠出年金専用(DC)ファンドでしたが、その後、一般向けでも取り扱いが始まりました。

長らく信託報酬最安の日経平均インデックスファンドとして君臨していましたが、同一のマザーファンドに投資する、より信託報酬の低い<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドが2016年11月21日より登場しています。

そのため、本ファンドはニッセイインデックスシリーズから外されてしまいました。

(2017年3月12日更新)


 


ニッセイ日経225インデックスファンドの特徴や基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.25%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(2月15日)。設定来分配金を出さずに効率的に運用できています。
資産配分比率:日経平均構成銘柄に分散投資(2017年2月末時点)

組入上位10業種、組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

ニッセイ日経225インデックスファンド 組入上位10業種と10銘柄の構成比率


償還日:無期限
運用会社:ニッセイ・アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)


ニッセイ日経225インデックスマザーファンドにファミリーファンド方式で投資しています。

ニッセイ日経225インデックスファンド ファミリーファンド方式構造



ニッセイ日経225インデックスファンド、管理人の感想や評価

同一マザーファンドに投資するさらに低コストファンドが2016年11月に登場

日経平均をベンチマークとするインデックスファンドとして、かつては信託報酬0.25%(税抜)と、最も信託報酬の低い日本株式ファンドでした。

純資産総額も、約1100億円(2017年2月末時点)と十分積み上がっています。もともとDC向けのファンドでもあるので繰上償還の心配もなく、安心して運用を任せられます。

また、ニッセイ日経225インデックスファンドは設定来、無分配を継続しており、税金に無用に支払われるコストがかからず、複利で運用できています。

ただ、ニッセイ・アセットマネジメント自らが、本ファンドと同一のマザーファンドに投資する、信託報酬0.18%とさらに低い、<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドを2016年11月に設定しました。

そのため、信託報酬が本ファンドより年0.07%低い、<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドを選ぶことで、コストが低い分だけリターンが増加する事になります。

公式サイトのニッセイインデックスシリーズのファンド一覧からも、ニッセイ日経225インデックスファンドを外し、<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドに置き換えています。

日経平均インデックスファンドであれば、信託報酬最安の<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドの一択です。


日本株式クラスは日経平均よりTOPIXインデックスファンドがベター

ただ、 TOPIXは東証一部上昇全銘柄(約1900銘柄)全てに浮遊株調整時価総額比で構成されている(規模の大きい企業ほど比率が高い)のに対し、日経平均株価は日本経済新聞社が恣意的に選択した225社で構成されています。

そのため、日本市場全体により幅広く分散投資できるという観点からは、日経平均インデックスファンドよりも、TOPIXインデックスファンドの方が資産形成に向いています。

参考日経平均連動型とTOPIX連動型ファンド、日本株式としてはどちらが有利?


その点では、同じく日本株式ファンドとして、TOPIX(配当込み)をベンチマークとする信託報酬年0.18%と最安の<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドが、日本株式部分の本命となるファンドです。

アセットアロケーションを決めた後に、日本株式クラスにおいては、低コストのTOPIXインデックスファンドをメインにすべきでしょう。



ニッセイ日経225インデックスファンドの購入先

ニッセイ日経225インデックスファンドをノーロードで取り扱っているのは下記の証券会社です。こちらから資料のチェック・請求等をしてみてください。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)、エース証券、GMOクリック証券、高木証券、岡三オンライン証券、ジャパンネット銀行、京都銀行、富山第一銀行、福井銀行


証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。 徹底的にコストにこだわるなら、断然、 SBI証券を選ぶと良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る