ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の評価

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)は、S&P先進国REIT指数参考指数とし、主に日本を含む先進国のREITに投資する先進国REITアクティブファンドです。

2015年4月1日より、それまでの参考指数だったUBSグローバル・リアル・エステート・インベスターズ・インデックスの指数算出停止に伴い、参考指数がS&P先進国REIT指数に変更されました。

信託報酬が年1.50%(税抜)と高い割に、オーソドックスな先進国REITインデックスファンドにもリターンが負けており、アクティブファンドとしての存在価値はありません。

ラサール インベストメント マネージメント(セキュリティーズ)に銘柄選定を委託しているとドヤ顔でアピールしているのが、情けない限りです。

(2015年6月30日更新)

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の基本的情報

・購入単位:1万円以上1円単位
信託報酬年率1.50%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:毎月5日。毎月60円の分配金を出して無意味に元本を削っている非効率なファンド。
・資産配分比率: 日本を含む先進国のREITを中心に計76銘柄に以下比率で投資(2015年5月29日時点)

国別配分比率は以下の通りです。

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 国別配分比率


通貨別配分比率は以下の通りです。新興国であるメキシコのREITも0.2%含まれていることがわかります。

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 通貨別配分比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。76銘柄のみの投資と分散も甘いです。

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型) 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:無期限
・運用:日興アセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし

 



ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)・管理人の感想

海外REITファンドとして、ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の信託報酬1.50%(税抜)はあまりにも高すぎます。

海外REITインデックスファンドの方がよほどリターンが良く、わざわざ高コストで成績の悪いファンドを購入している意味がありませんよね。

(と書いても大概の人は、買おうとしている投資信託の成績が良好なのか出来が悪いのか、確認しようとしませんね。ははは。)

以下が当ファンドと、S&P先進国REIT指数(除く日本)ベンチマークとするSMT グローバルREITインデックス・オープン(信託報酬0.55%)との、過去3年のリターンを比較したものです。(S&P先進国REIT指数をベンチマークとするインデックスファンドは存在しないため、あくまで参考の比較です)

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)とSMT グローバルREITインデックス・オープンの過去3年のリターン比較


過去3年で当ファンドはインデックスファンドに、約9.5%以上もリターンが負けています。しかも毎月の分配金は税金ゼロという、ありえない有利な条件で再投資した場合でも、図のオレンジ色の線です。実際は税金が取られる分、もっとリターンは下がります。

月報には、ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の(参考指数ではない)世界REITの指数の好調さは図入りで書かれているのに、肝心のファンドのリターンがその指数に負けていることは一切書かれていません

また運用報告書には、参考指数がそれまでのUBSグローバル・リアル・エステート・インベスターズ・インデックスであると書かれているにも関わらず、基準価額と参考指数を比較したグラフもなく、しかもリターンは参考指数に負けています。

そのくせ、毎月の分配金は累計いくらと強調表示しているのを見ると、投資家を完全になめている姿勢が見て取れます。

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)


日本を含む海外のREITに投資したければ、EXE-i グローバルREITファンド(信託報酬0.40%)の方がよほど低コストで、なおかつ幅広い分散投資が可能です。

この段階で通常は投資検討対象外ですが、日興アセットマネジメントが運用するファンドの中で、純資産残高が1兆円を超える最も巨大なファンドです。

日本の全ファンドの中でも、5番目に純資産残高が多いことを考えると、個人投資家がいかに何も考えずに投資信託選びをしているのかが想像できますよね。

人気の理由の一番は、なんといっても毎月分配型ファンドであることです。毎月、1万口あたり60円の分配金を吐き出しており、タコ足のために基準価額はひたすら下がり続けています。

毎月分配型投信は、分配金を支払うとその分の基準価額が必ず減少します。分配金は利益でもなんでもありません。また分配金支払いの都度、利益が出ている普通分配の場合は税金を20%も取られるため複利効果が働きません。

分配金は資産からの取り崩しであることを理解していれば決して、ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)を選ぶことはありえません。

「分配金が出るからお得」と考える幼稚な考えから脱却し、低コストで幅白い分散投資を基本にした、まともな資産運用を行っていくべきです。

ただし年金世代などで、毎月一定額を取り崩したいというニーズがある事は承知しています。この場合は、SBI証券の提供する、「投資信託・定期売却サービス」を使えば、タコ足にならずに、低コストのインデックスファンドで毎月分配することが可能です

世の中には調べれば、ボッタクリではない良心的なサービスも存在しますから、そういったサービスをしっかりと利用したいところです。



ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)の購入先

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。


マネックス証券、スルガ銀行(インターネットまたはテレフォンバンキング)


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る