日興新時代アジア株式ファンドの評価

日興新時代アジア株式ファンド は、インドネシア、ベトナム、マレーシアの株式および、中国小型株を中心にアジア諸国の株式に投資するアジア株式アクティブファンドです。

中国小型株とは、MSCIチャイナインデックスの浮動株調整時価総額下位15%に位置する銘柄をさします。

今後の成長に一見期待できそうな国々の株式に投資できるように思いますが、ベンチマークもなく、アクティブファンドとしての運用手腕も測定できないため、完全な欠陥ファンドです。

また、信託報酬が年1.76%(税抜)と高く、純資産総額も減少が続いています。2020年1月に償還が予定されており運用期間も短いため、わざわざ購入する必要はありません。

(2015年3月21日)

日興新時代アジア株式ファンドの特徴・評価

・購入単位:SBI証券にて最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.76%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算:年1回(1月25日)。2014年、2015年と200円ずつ分配金を吐き出しています。
・資産配分比率: アジア新興国の株式計46銘柄に投資(2015年2月27日時点)

国別構成比率は以下の通りです。

日興新時代アジア株式ファンドの国別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

日興新時代アジア株式ファンド 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:2020年1月27日
・運用:アストマックス投信投資顧問株式会社
・為替ヘッジ:なし


 


日興新時代アジア株式ファンド・管理人の感想

新興国株式ファンドとして、信託報酬1.76%(税抜)はあまりも高コストで資産運用には使えない水準です。また、アクティブファンドにも関わらずベンチマークも参考指数も設定されていないため、運用成績が妥当なのかどうか、判断できません。

ベトナムなどMSCIエマージング・マーケット・インデックスに入っていない、新興国のさらに下のフロンティア株式に12.9%投資している一方、同指数の組入上位1位の韓国には投資していません。

まあこのような事をするからこそアクティブファンドなのでしょうが、リターンを比較する適当な新興国株式インデックスファンドも存在しませんから、投資家としてこの投資信託が優れているのか劣っているのか、何ら判断基準が無いという事です。

さらに、2010年2月の設定直後に比べ、以下のように純資産総額(水色部分)が右肩下がりに減り続け、当初の200億円超から今では約1/10の22億円まで減少しているのが懸念点です。

日興新時代アジア株式ファンド 設定来の純資産総額の推移


2020年1月に満期償還を控えており、今後も資産流出が続くことが予想されます。残り運用期間も短く、このまま純資産現象が続くと繰上償還の可能性もあり、購入に値しないファンドです。

アジア新興国諸国に低コストで投資できるファンドとしては、(本ファンドと投資対象国が異なりますが)SMT アジア新興国株式インデックス・オープン(信託報酬0.60%)があります。

ただ、日興新時代アジア株式ファンドのほうが過去の運用成績は良好です。アジア株式が特に今後伸びるだろうと予測出来た人は、結果的に良かったですね、という事でしょうか。

新興国全体とアジアを比較してみても本来は無意味で、アジアへの集中投資と言う「賭け」が当たれば結果オーライというだけであり、五分五分の賭けをするのはギャンブルに通じるので、だったら徹底的に分散投資しましょう、という事になります。

日興新時代アジア株式ファンドとSMT アジア新興国株式インデックス・オープンの基準価額の推移の比較


な~んだ、日興新時代アジア株式ファンド買っておいても良かったじゃないか!」と思われるかもしれませんが、下記は全世界の株式(日本を除く)に徹底的に分散投資した銘柄、eMAXIS全世界株式インデックスとの比較です。

コストが半分以下のインデックスファンドに大負けしているのが分かります。集中投資が当たりにくいという事実を、示唆しているかのようです。

日興新時代アジア株式ファンドとeMAXIS全世界株式インデックスの基準価額の推移の比較


最後に、新興国株式は特に地政学リスクや紛争リスクもあり、できるだけ幅広く分散投資を行うことが必須です。その意味では、以下のような低コストインデックスシリーズの中の新興国株式ファンドをアセットアロケーション実現のために利用すべきです。

野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i新興国株式)信託報酬0.60%
eMAXIS 新興国株式インデックス信託報酬0.60%






日興新時代アジア株式ファンドの購入先

日興新時代アジア株式ファンドをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。


SBI証券楽天証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る