<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドの評価

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドは、日経平均株価(配当込み)をベンチマークとする日本株式インデックスファンドです。ニッセイインデックスシリーズに、2016年11月21日より新たに追加されました。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド


信託報酬0.18%と最安の日経平均インデックスファンドとして、注目の存在です。

(2016年11月23日更新)


 


ニッセイ日経平均インデックスファンドの基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率0.18%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(2月15日)。
資産配分比率:月報発行後に追記します。
償還日:無期限
運用:ニッセイ・アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)

ニッセイ日経225インデックスマザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド ファミリーファンド方式構造


ニッセイ日経平均インデックスファンド、管理人の感想と評価

信託報酬最安の日経平均インデックスファンド

信託報酬が年0.18%(税抜)と、それまで信託報酬が年0.19%と最安の

日経225インデックスe
iFree 日経225インデックス

を0.01%下回る、信託報酬最安の日経平均インデックスファンドです。素晴らしいですね。ニッセイアセットマネジメントさん、グッドジョブです。


定番だったニッセイ日経225インデックスファンドの低コスト版として登場

ニッセイインデックスシリーズの今までの日経平均インデックスファンドで、運用期間の長いニッセイ日経225インデックスファンド(信託報酬0.25%)と同じマザーファンドに投資しています。

そのため、今後は信託報酬が年0.07%低い本ファンドに切り替えて投資することで、低コストの分、リターンが増加する事になります。

ニッセイアセットも、公式サイトのニッセイインデックスシリーズのファンド一覧から、ニッセイ日経225インデックスファンドを外し、本ファンドに置き換えています。

運用が始まったばかりのファンドですが、運用期間の長いマザーファンドにファミリーファンド方式で投資しており、心配はないでしょう。


配当込み指数をベンチマークとする日経平均インデックスファンド

また、日経平均の「配当込み」をベンチマークとする、初のインデックスファンドとです。配当落ち指数である日経平均以外に、日経平均(配当込み)である「日経平均トータルリターン・インデックス」も算出されており、

本ファンドは初の日経平均(配当込み)をベンチマークとするインデックスファンドとして、トラッキングエラーもわかりやすく、投資家側を向いているという好印象を受けます。(トラッキングエラーが少ない=指数ときちんと連動している、という意味です)

ニッセイインデックスシリーズは、2016年11月18日以降、7ファンドで信託報酬を引き下げ、うち、6ファンドが各資産クラスで信託報酬最安のインデックスファンドとなりました。

参考ニッセイインデックスシリーズ・・信託報酬引下げを発表しコスト最安の座に


そこにこの<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドも加わり、ニッセイインデックスシリーズは、合わせて7資産クラスで信託報酬最安のインデックスファンドを持つことになりました。まさに低コストにこだわる良質のインデックスファンドシリーズと言えます。


日本株式クラスは日経平均よりTOPIXインデックスファンドがベター

日経平均連動型とTOPIX連動型ファンド、日本株式としてはどちらが有利? でお伝えしたように、日本市場全体により幅広く分散投資できるという観点からは、日経平均インデックスファンドよりも、TOPIXインデックスファンドの方が資産運用に適しています。

その点では、本ファンドと同じ信託報酬最安の年0.18%のTOPIX(配当込み)をベンチマークとする<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドが、日本株式部分の本命となるファンドです。

ただ、日経平均の方が好みという人には文句なくお勧めのインデックスファンドです。
今後の運用に大いに期待しています。


ニッセイ日経平均インデックスファンドの購入先

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドをノーロードで購入できる証券会社・銀行は下記の通りです。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る