投資信託を選ぶときには、ノーロード投資信託にするのがキホン

ノーロード投資信託とは何か?

ノーロード投資信託とは、販売手数料無料の投資信託の事を言います。投資信託の運用期間中は信託報酬が継続的にかかり、毎日、ファンドの純資産総額から差し引かれます。

元々は投資信託を販売する証券会社や銀行が、窓口で投資家に対し、商品の説明などをする代わりに、販売手数料を徴収する仕組みです。

しかし、ネット証券やネット専業銀行の普及と共に、コストのかかる窓口業務を廃止、すべてインターネットを通じて投資信託を販売する事が可能になってきました。それと共に増加してきたのが、販売手数料無料の投資信託(=ノーロード投資信託)です。

販売手数料が例えば3.0%(税抜)かかるファンドに投資する場合、100万円投資すると3万円を業者に持っていかれ、実質的に投資できる金額は97万円に目減りします。その分、将来のリターンが確実に減る事になりますので、この3万円はバカに出来ません。

ノーロード投資信託の本質


現在ネット証券を通じて、同程度の金額100万円の現物株の売買をすると、手数料はたかだか数百円前後です。それを考えると、投資信託の販売手数料3万円が、いかに高い買い物をさせられているかが、お分かりになるかと思います。

積立購入の場合も、毎月3%の手数料を取られる事になります。業者の勧める投資信託は、ほぼ間違いなく手数料の高いものですから、投資家の皆さんは、投資信託の吟味に当たっては十分な注意を払いたいものですね。



ノーロード投資信託のメリットを確認

ノーロード投資信託のメリットは、投資信託のメリット・デメリットのページで書いたこととすべてにおいて重複しますが、一つだけ、さらに大きなメリットがあるとしたら、「積み立て」の効果がさらに大きくなる、という点になると思います。

日本における投資信託の手数料の平均は約2%です。さらに、最近人気の新興国に投資する投資信託の場合は3%の手数料を取られる事も珍しくありません。

資産が複利効果によってどんどん膨らんでゆく事を想定した場合、毎月一定額を着実に積み立ててゆく事は最善の選択です。しかしこの時、手数料を毎月取られたとしたらどうなるでしょうか?

毎月、なけなしの貴重なお金4万円を積み立てたと仮定します。その場合、下記をご覧になると、毎月手数料を取られるバカらしさが分かっていただけると思います。

●取られる手数料の総額
1年で 10年で 30年で
ノーロードの場合 0円 0円 0円
手数料2%の場合 9,600円 96,000円 288,000円
手数料3.15%の場合 15,120円 151,200円 453,600円


いかがでしょうか? 手数料3.15%は、決して珍しい数字ではありません。30年積み立てると、45万円もの大金を、手数料だけで取られる事になるのです。

もちろん、この分が投資に回らなくなる事から、投資の成績にも影響が出ます。これは運用成績次第でもありますが、ハンディキャップになる事は間違いありません。

さらに、手数料の高い投資信託に限って、運用成績いかんにかかわらず毎年差し引かれる、いわゆる信託報酬が高い傾向にあります。総合的に考えると、ノーロード投資信託の方が、着実に、リターンを得やすいのです。



手数料有料の投資信託をノーロードで購入する

上記、ノーロード投資信託のメリットをご覧になると、高い購入手数料を払って投資信託を購入するのがバカらしくなりますよね。

ノーロード


特に以前は、新興国を対象とするノーロード投資信託の数が少なかったために、新興国に投資したい場合は購入手数料を払ってでも買う必要もありました。

しかし現在では、新興国株式型ノーロード投資信託新興国債券型ノーロード投資信託で紹介しているように、ノーロードの新興国向けの投資信託は数多くあります。

また、新興国の株式、債券だけでなく、新興国のREIT(不動産投資信託)に低コストで投資できる、eMAXIS 新興国リートインデックスSMT 新興国REITインデックス・オープンも気軽に購入できるようになりました。

基本的には、ノーロード投資信託以外の購入手数料有料のファンドは購入しなくても、低コストで新興国も含めた国際分散投資は可能です

日本、先進国、新興国の株式、債券、リート(不動産)の各クラス毎に、お好みのノーロードのファンドを買って自分専用のアセットアロケーションを組めますし、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンドeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)など、新興国も含まれる良質のバランスファンドも購入できます。

それでも「ノーロード以外のファンドも購入したい」場合は、下記のようにフィデリティ証券を利用する手があります。



フィデリティ証券では、常に全ファンドがノーロード

基本的に証券会社は、当サイトでもおススメできる優良な証券会社の口座を開いてください。ポイント利用で実質的な信託報酬がより低コスト化できる、楽天証券SBI証券の口座を開くと、誰にとっても全く問題が無いと思います。

しかし、購入手数料が有料のファンドを無料で買い付ける場合には、フィデリティ証券全ファンド申込手数料0%の特典を利用するようにして下さい。

フィデリティ証券の投資信託


フィデリティ証券の取り扱っている全570本以上のファンド全てが対象で、一括購入も積立購入も関係なく、全てノーロードになりますす。

仮に手数料有料の投資信託を買うとしたら、アクティブファンドを買う事になると思います。たとえば日本株式クラスでは、リターンの良いアクティブファンドとして有名な(販売手数料が通常は1.0%(税抜)かかる)JPMザ・ジャパンを扱っています。

JPMザ・ジャパンのような投資信託も含めて、優秀なアクティブファンドをノーロードで購入できるのは大きいです。ただし、アクティブファンドの大半はインデックスファンドには長期で運用成績は負けますので、買うにしても資金のごく一部にとどめておくのが無難です。


こちらの参考記事も、あわせてお読みください


インデックス投資の始め方・7つのステップ
管理人神推しの証券口座
買う価値のある投資信託一覧・インデックスファンドおすすめ


なお、投資信託や購入の仕方など、色々と分からない点が出てくるかと思います。そのような時は、遠慮なさらずに、投資信託の質問と回答コーナーにてご連絡くださいませ(^^ゞ


超簡単、投資信託の始め方


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る