ノーロード投資信託とは?

ノーロード投資信託とは、販売手数料無料の投資信託をさします。投資信託の運用期間中は信託報酬が継続的にかかり、毎日、ファンドの純資産総額から差し引かれます。

元々は投資信託を販売する証券会社や銀行が、窓口で投資家に対し、商品の説明などをする代わりに、販売手数料を徴収する仕組みです。

しかし、ネット証券やネット専業銀行の普及と共に、コストのかかる窓口業務を廃止、すべてインターネットを通じて投資信託を販売する事が可能になってきました。それと共に増加してきたのが、販売手数料無料の投資信託(=ノーロード投資信託)です。

販売手数料が例えば2.0%(税抜)かかるファンドに投資する場合、100万円投資すると2万円を業者に持っていかれ、実質的に投資できる金額は98万円に目減りします。その分、将来のリターンが確実に減る事になりますので、この2万円はバカに出来ません。

現在ネット証券を通じて、同程度の金額100万円の現物株の売買をすると、手数料はたかだか数百円前後です。それを考えると、投資信託の販売手数料2万円が、いかに高い買い物をさせられているかが、お分かりになるかと思います。

積立購入の場合も、毎月2%の手数料を取られる事になります。業者の勧める投資信託は、ほぼ間違いなく手数料の高いものですから、投資家の皆さんは、投資信託の吟味に当たっては十分な注意を払いたいものですね

ネット証券やネット専業銀行を利用して、手数料無料、ノーロードの投資信託を選択したいものです。

【参考記事】
インデックス投資の始め方・7つのステップ
管理人神推しの証券口座
買う価値のある投資信託一覧・インデックスファンドおすすめ


なお、投資信託や購入の仕方など、色々と分からない点が出てくるかと思います。そのような時は、遠慮なさらずに、投資信託の質問と回答コーナーにてご連絡くださいませ(^^ゞ

(2015年4月17日更新)


 
★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る