ノーロード&低コストのバランス型ファンド・完全比較

1本のファンドを保有するだけで全世界に分散投資したのと同様の効果を期待できる、資産分散型のバランス型投資信託。マネックス証券が資産設計オープンを販売して以来、いくつかの低コストの、ノーロードで購入できるファンドが登場してきました。

が、資産配分(アセットアロケーション)が相当異なっているため、どれを選んだらよいのか、正直迷いますよね?

そこで、これらノーロード&低コストのバランス型投信を完全比較してみましたので、ファンド選びの参考になさって下さい。比較対象に加えているファンドは、次の通りです。




基本情報の比較

比較項目 信託報酬 解約時 純資産 特記事項
マネックス 0.9975% 0.3% 73億円 低コスト・バランス型投信の先駆け
セゾン・バンガード 0.74% 0.1% 293億円 07年・日経優秀製品・サービス賞受賞、
低コストが魅力
スゴ6 0.714% 0.15% 22億円
ジョインベスト 0.63% 0.2% 16億円

赤く書いた部分は、それぞれで最もメリットのある数値)

規模的には、マネックスとセゾンの安定度が抜群です。スゴ6とジョインベストは、その信託報酬の安さから、もっと伸びていると思ったんですが、セゾンの陰に、すっかり隠れてしまっているようです。(ほとんど宣伝も見かけませんし)

資産の配分については、次の通りです。


●マネックス


●セゾンバンガード


●スゴ6


●ジョインベスト


国内外のリートにも資産配分しているのがマネックスとスゴ6、セゾンは株と債券、ジョインベストは債権も外国債券のみです(上記の図で国内外債券となっていますが外国債券が正しいです)。マネックスとスゴ6は、かなり似ていますね。



ファンドの詳細チェック

それぞれのファンドのパフォーマンスを比較です。随時、更新していく考えです。


比較項目 マネックス セゾン
バンガード
SBI   ジョイン
ベスト
過去のリターン 5年
3年 -11.1% -9.9%
1年 -1.7% -1.2% -0.6% -5.3%
半年 -0.8% -2.1% -0.4% -3.4%
3ヶ月 -7.0% -7.9% -8.9% -11.3%
シグマ 5年
3年 12.87% 15.38%
1年 11.19% 12.05% 14.83% 16.02%
シャープレシオ 5年
3年 -0.89% -0.67%
1年 -0.16% -0.11% -0.05% -0.33%
ベータ 5年
3年 0.58% 0.63%
1年 0.52% 0.50% 0.66% 0.75%
アールスクエア 5年
3年 90.02% 77.03%
1年 89.63% 74.68% 87.65% 87.80%

赤く書いた部分は、それぞれで最もメリットのある数値。)

過去の数値を見る限り、まだ運用後3年以内ではありますが、ジョインベスト以外は上手くコントロールされている数字だと思います。



対ベンチマークはどうか?

モーニングスター社に掲載されている対ベンチマークのグラフを拝借して比較してみると、次の通りになります。

表中、は該当ファンド はベンチマークです


マネックス            セゾンバンガード
   

スゴ6               ジョインベスト
  



ジョインベストで、参考指数とのかい離がかなり見られます。案外マネックスもばらついているのが意外です。セゾンは綺麗なグラフになってますね。



管理人の感想

コストとリターンの関係で言うと、マネックス資産設計ファンドが良さそうですね。国内外の不動産にも投資していますので、現在は不動産バブルの崩壊から、ファンドの成績がより悪化している可能性が有りますが、これが回復したら、大きく基準価額が伸長する可能性を秘めているのではないでしょうか?

逆に、現在のように株の暴落局面では、守りの資産の配分の多い、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに分が有ります。

純資産も含めて考えると、マネックスかセゾンが良いかも知れませんね

管理人は個人的に、東京に土地と戸建て住宅を持っているので、バランス型投信においては不動産資産の必要性は感じませんでした。このため、私的には、セゾンを選び、現在もコア資産として、月に4万円を自動積み立て、現在のように基準価額が大きく下落している時にスポットで、さらに月数万円を投入しています。

(2010年8月現在は、現物不動産と証券化商品の不動産投資信託は「別物」と考え、上場不動産投資信託(J-REITへの集中投資もしています)



ファンドの購入先

ご紹介したそれぞれのファンドは、下記で口座開設ができます。

 ・マネックス資産設計ファンド ⇒ マネックス証券株式会社
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド⇒ セゾン投信株式会社
 ・SBI資産設計オープン(スゴ6) ⇒ SBI証券株式会社
 ・ジョインベスト・グローバル・バランスファンド ⇒ 野村ジョイ



★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る