ノーロード明治安田日本株式アクティブ・・・驚きの低コストアクティブ投信

ノーロード明治安田日本株式アクティブは、TOPIX(東証株価指数)ベンチマークとする日本株式アクティブファンドです。2016年12月21日に設定されました。

TOPIX500に含まれる銘柄を中心に投資し、リサーチを最重要視しファンダメンタル分析、ボトムアップ型リサーチに基づく成長株への投資が運用パフォーマンスの向上に繋がるとの考えに基づいて運用する」ことで、ベンチマークを上回る超過収益をめざしています。

ノーロード明治安田日本株式アクティブ


運用は始まったばかりですが、信託報酬が年0.275%(税抜)と日本株式アクティブファンドとしては低いことが特徴です。

(2016年12月24日)


 


ノーロード明治安田日本株式アクティブの基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率0.275%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(4月18日)
資産配分比率:月報発行後、追記します。
償還日:無期限
運用:明治安田アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)

「明治安田日本株式ポートフォリオ・マザーファンド」にファミリーファンド方式で投資しています。

ノーロード明治安田日本株式アクティブ ファミリーファンド方式



ノーロード明治安田日本株式アクティブ、管理人の感想と評価

低コストなため、日本株インデックスファンドに勝てる可能性も

明治安田アセットマネジメントが2016年12月より新たに投入した、低コストのアクティブファンドシリーズの中の日本株式ファンドとして登場しました。

信託報酬が年0.275%(税抜)と、ひとくふう日本株式ファンド(信託報酬0.25%)に次いで2番目に信託報酬の低い日本株式アクティブファンドです。

TOPIXをベンチマークとするアクティブファンドとしては最も信託報酬が低く、下手なTOPIXインデックスファンドよりも低コストであることが目を引きます。

「アクティブファンドはそのコストの高さのために、インデックスファンドに負けることが多い」と言われています。本ファンドのように信託報酬がインデックスファンド並みに低ければ、インデックスファンドに勝つ勝率も当然高まります。

アクティブファンドを選ぶ方法は有るのか? でもお伝えしたように、成績の良いアクティブファンドは事前に選べないのですが、このコストの低さは魅力です。

とはいえ、今ではTOPIXインデックスファンドとしては、本ファンドより信託報酬のさらに低い<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬0.18%)があり、強敵となります。

運用開始間もない今の段階では、本ファンドの今後の運用に期待といったところです。



ノーロード明治安田日本株式アクティブの購入先

ノーロード明治安田日本株式アクティブをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る