ノーロード明治安田円資産バランス・日本だけに投資するバランスファンド

ノーロード明治安田円資産バランスは、日本株式、日本債券、日本リートの3つの資産クラスに1/3ずつ均等投資する、バランス型アクティブファンドです。2016年12月21日に設定されました。

ノーロード明治安田円資産バランス


信託報酬が年0.43%と、アクティブファンドとしては低いのですが、日本株式、債券、リートに1/3ずつと、円建資産のみにこだわっており、本ファンドのみでは国際分散投資にはならない点には注意が必要です。

(2017年1月2日更新)


 


ノーロード明治安田円資産バランスの基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.43%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(12月18日)。
資産配分比率:3資産の基本組入比率は以下の通りです。以下3つのマザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

資産クラス マザーファンド  マザーファンドのベンチマーク  基本組
入比率
国内株式 明治安田高配当サステナビリティマザーファンド なし  1/3
国内債券 明治安田社債マザーファンド  NOMURA-BPI総合を構成する金融債、事業債、円建外債、MBSABSそれぞれのイン デックスを時価加重平均した指数 1/3
国内REIT 明治安田J‐REITマザーファンド なし  1/3


償還日:無期限
運用会社:明治安田アセットマネジメント
為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)



ノーロード明治安田円資産バランス、管理人の感想や評価

信託報酬の低いアクティブ型のバランスファンド

明治安田アセットマネジメントが2016年12月より新たに投入した、低コストのアクティブファンドシリーズの中の、円資産(日本株式、債券、リート)の3資産に均等投資するバランスファンドとして登場しました。

信託報酬が年0.43%(税抜)と、アクティブファンドとしては比較的低いことが特徴です。この点は、まあ良いでしょう。

日本株式部分のマザーファンドは「明治安田高配当サステナビリティマザーファンド」になっていて、ノーロード明治安田日本株式アクティブの投資対象とは異なり、高配当銘柄に投資する方針となっています。

また、日本債券部分は、ノーロード明治安田社債アクティブ <特化型>と同じマザーファンドに投資をしており、日本債券と言えども国債を投資対象に含んでいない点は注意が必要です。

日本リート部分のマザーファンドは、ノーロード明治安田J-REITアクティブのマザーファンドと共通となっています。


円建資産に偏りすぎの、使いにくいバランスファンド

為替リスクはないと宣伝していますが、あまりにも円資産のみに偏りすぎており、ホームカントリーバイアスのかかった偏った配分のバランスファンドという印象です。

なかなかこれをアセットアロケーションのコアとなるバランスファンドとして使うのは難しく、資産形成の基本である国際分散投資を行う場合のコアのファンドにはなりません。ベンチマークもなく、アクティブファンドとしての運用手腕も不明であり、計測も難しいです。

既に海外資産への投資を行っており、海外への投資比率が高すぎるといった特殊なケースにのみ、本ファンドの利用が限定されるのではないかと思います。

一般的にはインデックスファンドのお勧めにあるような、低コスト&世界中の株式、債券、リート等の各種資産に分散投資できるバランスファンドを、ご自分のアセットアロケーションに合わせて選択するようにしましょう。



ノーロード明治安田円資産バランスの購入先

ノーロード明治安田円資産バランスは、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る