<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドの評価・・・コストが最も安い、海外リート向けインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)をベンチマークとする、海外リートに投資できるインデックスファンドです。

ニッセイインデックスシリーズの1つとして、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンドと共に、2013年12月10日より運用が始まりました。

(日本を除く)先進国REITだけでなく、新興国REITも投資対象とする唯一のインデックスファンドです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド


2016年11月22日に、信託報酬が現在の年0.45%から年0.27%に大きく引き下げられました。海外リートファンドとして信託報酬が低く、海外リートインデックスファンドの最有力候補の1つです。


(2017年12月18日修正)



 


ニッセイグローバルリートインデックスファンドの基本的情報

購入単位SBI証券楽天証券では最低100円より購入可能。
信託報酬年率0.27%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(11月20日)。 設定来、分配金を出さず、効率的に運用されています。
資産配分比率:新興国も含む海外リート計286銘柄に投資(2016年9月30日時点)

組入リートの平均配当利回りは年4.01%です。国別構成比率は以下の通りです。先進国リートだけでなく、南アフリカやメキシコ等の新興国リートも含まれていることが特徴です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 国別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 組入上位10銘柄の構成比率


償還日:無期限
運用:ニッセイアセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし


ニッセイグローバルリートマザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド ファミリーファンド方式



ニッセイグローバルリートインデックスファンド、管理人の評価と感想

新興国を含む海外リートに1本で投資できる唯一のインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、日本を除く先進国リートだけでなく、新興国リートも対象とするS&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み)をベンチマークとする、唯一のインデックスファンドです。

先進国と新興国のファンドをそれぞれ保有するのが面倒だという人や、海外のリートに集中的に投資したい人には、うってつけのファンドと言えます。


信託報酬が最安クラスの海外リートファンド

日本を除く先進国リートを対象とするS&P先進国REIT指数(除く日本)をベンチマークとする海外リートインデックスファンドでは、現在の信託報酬最安値は、Smart-i先進国リートインデックス(信託報酬0.2%)になります。

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、2016年11月22日より信託報酬を年0.45%から0.27%に引き下げ、海外リートファンドとしては信託報酬最安クラスではありますが、ナンバーワンの座は明け渡した形になります。

ただし繰り返しになりますが、本ファンドは日本を除く先進国と新興国の両方のリートに一括で投資ができます。その種のファンドでは、引き続きコスト最安値となります。

南アフリカ、メキシコ等新興国リートのみに投資するeMAXIS 新興国リートインデックスSMT 新興国REITインデックス・オープンの信託報酬が共に0.60%(税抜)と高めであること、新興国リート市場は先進国リート市場のわずか数%程度であることを考慮すると、本ファンド1本で新興国リートも含む海外リートに幅広く投資できるのは魅力です。

新興国リートにも投資したい人は、アセットアロケーション決定後の海外リート部分に本ファンドを割り当てるのも、分散の観点からありでしょう。もちろん文句なくお勧めのインデックスファンドです。今後の安定したインデックス運用に期待しています。



ニッセイ グローバルリートインデックスファンドの購入先

<購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンドをノーロードで購入できる代表的な金融機関は以下の通りです。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る