野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)の評価・解説

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)は、MSCI-KOKUSAI(円ベース・為替ヘッジあり)をベンチマークとする先進国株式インデックスファンドです。

野村インデックスファンド(Funds-i)シリーズに2013年5月7日より新しく追加されました。為替ヘッジ有の先進国株式インデックスファンドとして、信託報酬0.55%(税抜)と最も低いことが特徴です。

(2014年10月26日更新)

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)の特徴・評価

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率0.55%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(9月6日)
・資産配分: 日本を除く先進国株式1309銘柄に投資(2014年9月30日時点)

国別構成比率、業種別構成比率は以下の通りです。

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型の国別配分比率と業種別配分比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:無期限
・運用:野村アセットマネジメント
・為替ヘッジ:あり

 



野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)・管理人の感想

野村インデックスファンド(Funds-i)シリーズには、為替ヘッジありのファンドとして先に野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型がありますが、野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型は、それに続く為替ヘッジありの先進国株式インデックスファンドです。

信託報酬も0.55%(税抜)と為替ヘッジなしの野村インデックスファンド・外国株式と同じです。

為替ヘッジ付の先進国株式インデックスファンドとしては、インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)(信託報酬0.84%)、i-mizuho 先進国株式インデックス(為替ヘッジあり)(信託報酬0.57%)がありますが、本ファンドが為替ヘッジ付の先進国株式インデックスファンドとして最も信託報酬が低いです。

為替ヘッジ付のファンドをポートフォリオに組み入れるかどうかについては、為替ヘッジコストがかかるため意見が分かれるところです。

為替リスクを積極的に取るという事は、ゼロサムゲームをしているのと同じなので、為替変動を許容できるのであれば、為替ヘッジ付ファンドは購入しなくても良いです

資産に占める外国株式、外国債券の比率が高くなっている場合、勤務先が輸出企業のため円高による給与減の影響を受けやすい場合など、個々の事情に合わせ、先進国株式クラスのファンド保有分の一部を当ファンドに割り当てることはありでしょう。



野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)の購入先

野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券 カブドットコム証券野村ネット&コール、高木証券、琉球銀行、イオン銀行新生銀行、スルガ銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る