野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)の評価

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)は、国内債券の代表的な指数であるNOMURA-BPI総合ベンチマークとする日本債券インデックスファンドです。

野村インデックスファンド(Funds-i)シリーズは、SMTインデックスシリーズなど低コストインデックスシリーズとしては最も後発で、本ファンドを含む野村インデックスファンド・日経225など10ファンドが2010年12月より運用を開始しました。

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)


日本債券インデックスファンドで信託報酬0.40%(税抜)は、今となっては平凡なコスト水準であり、その後に登場した超低コストインデックスファンドに比べ、魅力が薄くなっています。

(2016年4月6日更新)



 


野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)の基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率0.40%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(9月6日)
・資産配分比率: 日本国債を中心に地方債、社債等計1025銘柄に投資(2016年2月29日時点)

債券種別構成比率は以下の通り。平均最終利回りは0.1%、平均デュレーションは8.5%です。

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)債券種別構成比率


・償還日:無期限
・運用:野村アセットマネジメント
・為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)  



野村インデックスファンド・国内債券(Funds-i 国内債券)、管理人の感想と評価

野村インデックスファンド(Funds-i)シリーズは、低コストインデックスシリーズの中も後発で、信託報酬の低コスト競争から距離を置き、ラインナップを多くする戦略をとっています。

その後のニッセイインデックスファンドの信託報酬引き下げや、超低コストのたわらノーロードシリーズの登場により、本ファンドの信託報酬0.40%(税抜)は一昔前の水準となってしまいました。今では、以下の2ファンドが共に信託報酬0.15%で購入できます。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
たわらノーロード 国内債券


国内債券ファンドは、実質コスト信託報酬とほぼ等しいことが多いため、ファンドの信託報酬がそのまま実質コストの差に近いです。

国内債券インデックスファンドは低コストの上記2ファンドを選択すれば良く、信託報酬の高い野村インデックスファンド・国内債券を選ぶ必要はないでしょう。

国内債券ファンドは、リターンよりもリスクを抑えるためにアセットアロケーションに組み入れるものです

地味な資産クラスですが、株式とは逆相関(株が上がると債券は下がる、債券が上がると株が下がる、という事)の関係にあるため、個人向け国債や定期預金と併用して活用するのが良いでしょう。

⇒参考:安全資産を入れない投資信託の資産配分はどう?



野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)の購入先

野村インデックスファンド・国内債券(愛称:Funds-i 国内債券)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券野村ネット&コール秋田銀行イオン銀行新生銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。

 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る