野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族)・・・アメリカの高配当株に興味のある人には朗報

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族)は、S&P500配当貴族指数(配当込み)をベンチマークとする、米国の大型高配当株式に投資できるインデックスファンドです。

野村インデックスファンド「Funds-i(ファンズアイ)」シリーズに、2017年1月10日より追加されました。




野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型に続いて、野村インデックスファンドシリーズの中の「Funds-i フォーカスシリーズ」に追加されました。


(2018年6月16日更新)・・・本ページを最新の状態に更新をご希望の方は、お手数ですがQ&Aページより、管理人までお申し付けください。



 


野村インデックスファンド・米国株式配当貴族の基本的情報

コストも含めた基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.50%(税抜)
信託財産留保額:0.1%
決算:年1回(4月22日)
償還日:無期限
運用:野村アセットアセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオなど

米国の高配当株式計54銘柄に投資(2018年5月31日時点)。ファンド全体の配当利回りは年2.5%(課税前)です。業種別構成比率は以下の通りです。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 業種別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 組入上位10銘柄の構成比率


米国株式配当貴族インデックスマザーファンドに、ファミリーファンド形式で投資しています。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 ファミリーファンド方式構造



野村インデックスファンド・米国株式配当貴族、管理人の感想と評価

信託報酬最安の米国高配当株式インデックスファンド

本ファンドのベンチマークであるS&P500配当貴族指数は、米国大型株式指数であるS&P500構成銘柄のうち、「過去25年間連続して毎年増配をしている、時価総額、流動性水準を満たす優良大型株50銘柄より構成される、均等加重の米国高配当株式指数」です。

本ファンドは、同一ベンチマークの高配当米国株式インデックスファンドのSMT 米国株配当貴族インデックス・オープン信託報酬0.55%(税抜))よりも、信託報酬が年0.50%(税抜)と、最安の米国高配当株式インデックスファンドであることが評価できます。

ただ、本ファンドとSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンの過去(2016年8月末からの約1年10カ月)のリターン比較が以下です。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族とSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンの過去(2016年8月末からの約1年10カ月)のリターン比較グラフ


上のグラフのように、野村インデックスファンド・米国株式配当貴族は、信託報酬が高いSMT 米国株配当貴族インデックス・オープンにリターンが劣っているのが残念です。(比較対象期間は2年未満と短いのであくまで参考程度ですが)


コア資産ではなく、サテライト的に一部にとどめよう

S&P500配当貴族指数のページにも記したように、S&P500配当貴族指数(配当込み)の過去のリターンは、S&P500(配当込み)を大きく上回っています。米国の高配当株に期待している人は、欲しくなるファンドになりそうです。

ただし、コア資産ではなく、あくまで全体の中でアクセント的な位置づけとなり、サテライト用のファンドという事になりますね。

基本的にはアセットアロケーションの先進国株式部分には米国だけでなく、投資対象が各国の銘柄に広く分散された、お勧めの先進国株式インデックスファンドにあるようなファンドをメインとするのが基本です。

本ファンドのような高配当株式ファンドが欲しい人も、先進国株式クラスの一部のみを本ファンドに充てれば十分でしょう。米国への投資比率を上昇させたい人には、ちょうど良いファンドになるかもしれません。

⇒関連ファンド:野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型)



野村インデックスファンド・米国株式配当貴族の購入先

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族)は、以下の証券会社、銀行にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券 カブドットコム証券マネックス証券松井証券新生銀行


証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る