野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型)の評価

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型)は、S&P500配当貴族指数(配当込み・円ヘッジ)をベンチマークとする、為替ヘッジ付きで米国高配当株式に投資できるインデックスファンドです。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型)


野村インデックスファンドシリーズに、2017年1月10日より野村インデックスファンド・米国株式配当貴族と共に、新規に追加されます。初の為替ヘッジ付きの高配当米国株式インデックスファンドであることが、最大の特徴です。


(2017年1月4日)


 


野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型の基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.50%(税抜)
信託財産留保額:0.1%
決算:年1回(4月22日)
資産配分比率:月報発行後に追記します。
償還日:無期限
運用:野村アセットアセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:あり

米国株式配当貴族インデックスマザーファンドに、ファミリーファンド形式で為替ヘッジをかけて投資します。



野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型、感想と評価

初の為替ヘッジ付き米国高配当株式インデックスファンド

米国高配当株式インデックスファンドとしては、既にS&P500配当貴族指数(配当込み)をベンチマークとするSMT 米国株配当貴族インデックス・オープン(信託報酬0.55%)がありました。

2017年1月10日より、上記と同一指数をベンチマークとする野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(信託報酬0.50%)が本ファンドと共に、野村インデックスファンドシリーズの中の「Funds-i フォーカスシリーズ」に追加されます。

本ファンドは、その為替ヘッジ版であり、初の為替ヘッジ付き米国高配当株式インデックスファンドとなります。

「フォーカス」という言葉からも、資産形成のコア資産ではなく、あくまで全体の中でアクセント的な位置づけとなるサテライト用のファンドという事になります。

S&P500配当貴族指数にも書いたように、S&P500配当貴族指数(配当込み)の過去のリターンは、S&P500(配当込み)を大きく上回っています。米国の高配当株に期待している人で、為替の影響を小さくしたいという人には買ってみたいファンドになりそうです。


為替ヘッジコストの分だけ、期待リターンは下がることに注意

ただし、為替ヘッジには、為替ヘッジコストがかかります。為替ヘッジコストは、いわば米ドルの調達コストであり、日本円と外貨(本ファンドの場合は米ドル)との単純な金利差分だけでなく、需給バランスに応じて変化します。

結果、金利差以上のコストがかかることもあります。この為替ヘッジコストは、信託報酬にも実質コストにも含まれておらず、ベンチマークに織り込まれているので非常に見えずらいコストです。

そしてそれは金融市場が不安定になった時には、想定以上のコストになる可能性があることは頭に入れておきましょう。多くの人は、為替ヘッジはタダだと思っているようですが、決してそんな美味しい話は無いのです。

それと、為替ヘッジコスト分だけ、為替ヘッジなしのファンドより期待リターンが下がることも理解しておく必要があります。

基本的にはアセットアロケーションの先進国株式部分には米国だけでなく、各国の幅広い銘柄に分散された、以下のような低コストの外国株式インデックスファンドをメインとするのが基本です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.20%)
iFree 外国株式インデックス(信託報酬0.21%)
たわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.225%)


その中で、「期待リターンが下がっても、為替変動をゆるやかにしたい」場合のみ、たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>のような、為替ヘッジ付きの先進国株式ファンドで微調整する手があります。

本ファンドのような高配当株式ファンドが欲しい人も、先進国株式クラスのほんの一部のみを本ファンドに充てれば十分でしょう。

⇒参考:アセットアロケーションと為替ヘッジの是非について



野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型の購入先

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族・為替ヘッジ型)は、設定日以降、以下の証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券


証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る