お客様相談室を利用
~大丈夫か!?カブドットコム証券~

先日、ふとしたことで涌いた疑問を証券会社に聞いてみようと思い立ちました。その疑問とは・・・・

「投資信託、つまりファンドが保有している株式の、いわゆる株主優待、商品券だったり商品そのものだったりすると思いますが、それらを運用会社はどう処分しているのか?」

という事。管理人は店頭の証券会社や銀行で投資信託を買っていませんから、当然ネット証券などに聞くことになります。我ながら馬鹿らしい質問だとは思いながらも、さてどこにしようか?

で、選んだのは、「天下の三菱」、カブドットコム証券です。早速質問してみました。

当方の質問内容

本間に馬鹿らしい質問なので恐縮しつつ・・・・、

お忙しい中恐れ入ります。私は御社のインデックスファンド225を少し保有しており、今後どんどん購入していこうかと思っております。

そこで、非常に馬鹿らしい質問で恐縮なのですが、当ファンド(他のフ ァンドも同じですが)が分散投資している株式にも、当然「株主優待」 がついているかと思います。 各種株主優待券であったり、ディズニーランドの入場券であったり、中 には商品が送られてくる事もあるでしょう。

これら株主優待を、ファンドではどのように処分しているのでしょう か? こういうものは全て換金できる所で換金し、ファンドの資金として組入れているのでしょうか? (まさか運用会社の方が身内で使ってらっしゃる事はないと思います が)

どうでもいい事ではありますが、ふと考え付いたら気になって仕方がないものですから、質問させていただきました。 恐れ入りますが、ご回答いただければ幸いです。どうぞよろしくお願い いたします。


 

カブドットコム証券の回答

平素はご利用いただきまして、誠にありがとうございます。お問い合わせいただきました件について、ご回答させていただきます。

株式の配当・株主優待等の権利は、決算日に該当株式を現物株式にて保有している株主様に対して支払われます。弊社口座に株式残高があり、 権利付最終日までにお買付けされ保有していただいている必要がございます。配当等の株主としての権利を取る為の期日 「権利付最終日」は、その銘柄の決算日から逆算して 5営業日前となります。

また当社では「保管振替制度」をご利用いただいております。この制度は株券の名義、保管を保管振替決済機構が行ない、名義書換の手続きなしで実質株主報告をさせていただきます。自動的に株主様として登録されますので、株主の権利を受けることができます。

投資信託は運用会社の運用結果にて配当金や、株主優待ではなく、 「分配金」として保有いただいている方へ運用益が支払われますので、株主優待等の権利はございません。 分配金は投資信託の信託財産から支払われております。これは運用して得られた利息・配当収入が「分配対象額(分配原資)」 となり、ここから「分配金」が支払われます。

また何かご不明な点がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。今後とも、カブドットコム証券をご利用いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


って、おいおい! 質問と回答が全く合っていないですよ!!私の質問の仕方が悪いのか?? 投資信託を購入する人間が、「投資信託は分配金が支払われる、株主優待は無い」なんて、知らないはず無いでしょ? 

質問自体、馬鹿らしくて恐縮していたのに、逆にあまりにアホらしい回答が来たので、あっけに取られて再度質問。

投資信託そのものに株主優待がない事は、知っております。現物株でありませんので当然でしょう。

私が聞きたいのは、運用会社がそれぞれ個別に現物株に投資した際に、株主優待を受け取らないのですか? 受け取ったらそれをどう処分しているのです か? と言う事です。

株主優待の権利がいつ確定するのかなど、私は全く聞いていませんよね? 恐れ入りますが、再度ご回答いただきたく、お願いいたします。


で、また回答。

平素はご利用いただきまして、誠にありがとうございます。また、お分かりいただき難く申し訳ございませんでした。

お問い合わせいただきました件でございますが、運用会社は株主ではございませんので、株主優待等の権利を取ることも出来ません。その為、お客様がご心配されているような運用会社が株主優待等の 権利を受けているという事は一切ございませんので、どうぞご安心くださいませ。


・・・・・、なんだかまた頓珍漢な様子。

と言うとすいません、投資信託に組み込まれた株式は、誰が買っているんで すか? 運用会社ではないのでしょうか? つまり、投資信託に組み入れられた株式の名義は誰になるのですか? その 名義人が、株主優待を受ける権利がある、と言う事ですよね?

平素はご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

お問い合わせいただきました件でございますが、 投資信託の運用会社は、買い付けた結果発生した分配金や、 株主優待物は運用上の資産として組み込まれ、運用の結果発生する分配金として投資家様へ還元されております。 株主優待物については換金されて投資信託財産に組み込む事を、金融庁と投信協会の指針で定められております。 詳しくは運用会社へ直接お問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

また何かご不明な点がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。 今後とも、カブドットコム証券をご利用いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


ようやく話のつじつまが会ってきたのに、今度は運用会社に聞け!との仰せ。

って、ここまでたどり着くのに、何でこんなにやり取りをしなきゃいけない のでしょうか?

で、挙句の果てに「株主優待の処理の仕方は運用会社に聞いてくれ」と言う事であれば、何のために御社に手数料(信託報酬の中に含まれた御社の取り分) を払っているか、よく分からない、と言う事になりますね。 御社が調べて回答すればよいのではないのですか? 御社が販売しているのだから。

私が運用会社に直接聞くというのは、筋としておかしくないですか?


もう私、完璧な「クレーマー」と化しています。まさかこんなにやり取りするハメになるとは想像もしていませんでした。でもって、カブドットコム証券からとどめの一発。

平素はご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 何度もお問い合わせをいただき、お手数をおかけして誠に申し訳ございませんでした。

今回のお問い合わせ内容に関しまして、当社では前回のメールにてご返信させていただいた以上の事は、誠に恐縮ながらご回答させていただく事は出来かねます。どうぞご了承くださいませ。

今後とも、カブドットコム証券をご利用いただけますよう、 何卒よろしくお願い申し上げます。


これじゃあ、全くお客様相談室の役割を果たしていませんよね。というか、放棄している。流石にこの対応にはカチンと来ました。「今後とも、カブドットコム証券をご利用いただけますよう、 何卒よろしくお願い申し上げます。」なんて、よく平気で言えますよね。

まあもしかしたら正社員でなくて、コールセンターのような所に集められた派遣社員が事務的に、マニュアル的に作業をこなしているので、想定外の質問には全く機能しないのかもしれませんが、それにしても分からなければ上司に聞くとか、調べてから回答しますとか言って欲しかったですね。



マネックス証券にも聞いてみました

しつこいようですが、ムッと来た私は、マネックス証券にも全く同じ文章の質問を送信してみました。そうすると回答はこうです。

いつもマネックス証券をご利用いただき誠にありがとうございます。 マネックス証券 コンタクトセンターの大嶋と申します。

お問合せいただきました「投資信託の株主優待に関して」ですが、 投資信託の財産に組み入れられた株式からの株主優待につきましては、 規則により、その優待物が換金可能、または受益者の利益になると判断されるものについては、換金し、信託財産に組み入れられる (=基準価額に反映される)こととなっております。

なお、換金可能かどうかという点につきましては、運用会社、受託会社が予め定めたルールに従って、個別に判断されているのが、一般的でございます。

以上でご回答になりましたでしょうか。 今回のご案内を含め、ご不明点などございましたら、メールもしくはお電話にて下記コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。 今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。


キチンと自分が誰なのかを明かして回答している所が素晴らしい。責任の所在を明確にしている、という点で、まず好感を持ちました。

それに、カブドットコム証券では完全に方向のずれた回答だったのですが、マネックスでは一回目で、「簡潔にして要領を得た回答」、をもらう事が出来ました。

やはり既存の証券業界に風穴を開けた、ネット証券の開拓者的な存在であるマネックスは、対応が違いますね。これだけで何か商品を買ってあげなきゃ、と言う気分になりました。




結局の所、株主優待はどう処分されるのか

その後色々調べた所、まずファンドの持つ株式の名義は「運用会社」にあるのではなく「信託会社」にあります。と言う事は実際に株主優待を受け取るのは、信託銀行などですね。

そして受け取った株主優待のうち、換金可能なものは金券屋などで換金し、ファンドの資産に組み入れられます。換金不可能なものは、慈善団体に寄付されるようです。

いずれにせよ、我々投資家にとって、損にはならないようにはなっているようでしたので、安心しました。

コラム・投資信託一刀両断!に戻る

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る