乙女のお財布ファンド(株式型)の評価

乙女のお財布ファンド(株式型)は「高い成長が期待される日本企業の株式」に投資すると謳う日本株式アクティブファンドです。

『「女性の活躍促進」「経営効率・利益成長力」に着目し、投資銘柄を厳選する』ということで女性投資家向けのファンドのようですが、趣旨が不明なところが気になります。

2014年12月30日より運用が開始された新しいファンドですが、ベンチマーク参考指数もない欠陥ファンドです。日本株式インデックスファンドにリターンも劣っており、投資価値は特にないですね。

(2015年9月14日)



乙女のお財布ファンド(株式型)の基本的情報

・購入単位:東海東京証券では最低5000円より積立購入可能。
信託報酬:年率1.49%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回決算(10月14日)
・資産配分比率:東証一部上場の計39銘柄に投資しています(2015年7月末日時点)

業種別構成比率は以下の通りです。

乙女のお財布ファンド(株式型) 業種別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

乙女のお財布ファンド(株式型) 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:無期限
・運用:ニッセイアセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ: なし(投資対象に為替リスクはありません)

 



乙女のお財布ファンド(株式型)・管理人の感想や評価

日本株式の中から「女性の活躍促進」「経営効率・利益成長力」に着目するという、明治安田女性活躍推進ファンドと同じテーマ型ファンドです。資産形成に女性も男性も無いだろうと思うのですが、時折こういうのが出てくるんですね。

日本株式アクティブファンドとしてベンチマークも参考指数もなく、その時点で欠陥ファンドです。組入上位銘柄を見ても、ヤクルトレディがいるからヤクルト、ワークライフバランスを推進しているからバンダイとか、リターンと無関係の内容で銘柄を選んでいるだけです。

運用開始からまだ9ヶ月ですが、参考までに乙女のお財布ファンド(株式型)とSMT TOPIXインデックス・オープン(信託報酬0.37%)とのリターンを比較したのが以下のグラフです。

乙女のお財布ファンド(株式型)とSMT TOPIXインデックス・オープンとのリターン比較


設定来リターンは、乙女のお財布ファンド(株式型)の+2.42%に対し、SMT TOPIXインデックス・オープンの+5.9%と、たった9カ月で約3.5%も負けています。

アクティブファンドは、常にインデックスファンドより高いリターンを叩き出してもらわないと困りますから、その意味で本ファンドの投資価値は全くありません。

また、信託報酬も年1.49%(税抜)と、日本株式ファンドとしてコストが高すぎます。何が楽しくて、高いお金をかけて低いリターンの投資信託を買うのでしょうか?

アセットアロケーションの日本株式部分には、本ファンドのような意味不明なものは選ばず、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド(信託報酬0.29%)を筆頭に、信託報酬の低い日本株式インデックスファンドを選ぶべきですね。



乙女のお財布ファンド(株式型)の購入先

乙女のお財布ファンド(株式型)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

東海東京証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る