ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)の評価・・・まあ良いが、ややコストが高め

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)は、ブラジル株式の代表的な株式指数であるMSCIブラジル株価指数(税引後配当込み)をベンチマークとし、ブラジル株式に投資できるインデックスファンドです。2010年5月31日より運用されています。

2017年4月26日に、ベンチマークがボベスパ指数から、(ブラジル株式指数としてよりメジャーな)MSCIブラジル株価指数(税引後配当込み)に変更されました。それに伴い、信託報酬も年0.90%(税抜)から年0.88%に引き下げられています。

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)


数少ないノーロードのブラジル株式インデックスファンドですが、信託財産留保額が(売却時だけでなく)購入時にも0.6%かかることには注意する必要があります。


(2017年5月14日更新)


 


ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株の基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率0.88%(税抜)
信託財産留保額購入時0.6%、売却時0.6%
決算:年2回(1月25日、7月25日)。設定来の分配金はゼロ円です。
資産配分比率:ボベスパ指数構成59銘柄に投資(2017年3月31日時点)

業種別構成比率は以下です。

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株) 業種別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下です。

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株) 組入上位10銘柄の構成比率


償還日: 無期限
運用: ピクテ投信投資顧問株式会社
為替ヘッジ:なし



ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株、管理人の感想と評価

ブラジル株式ファンドと言えば、HSBC ブラジル オープン(信託報酬1.90%(税抜))のような高コストのぼったくりアクティブファンドが定番の中、ブラジル株式に投資できるインデックスファンドとして貴重な存在です。

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)は、ピクテ・インデックスファンドシリーズ-中国H株(愛称:ピクテIF中国H株)と同様にノーロードですが、信託財産留保額が売却時だけでなく購入時にもかかります。

中国やブラジルは外国人の証券取引に税金がかかるという事情から、公平さのため、既にファンドを保有している投資家に、他の投資家の新規購入・売却分の税金負担がかからないようにするための仕組みです。

現在は、本ファンドの信託財産留保額は購入時、売却時ともに0.6%かかります。当初は購入時は2.6%もの信託財産留保額がかかりびっくりしたものですが、ブラジルの税金徴収率に合わせて、現在は0.6%まで下がっています。

ブラジル株式は、代表的な新興国株式インデックスファンドであるたわらノーロード 新興国株式eMAXIS 新興国株式インデックスや、野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i新興国株式)等のベンチマークであるMSCIエマージング・マーケット・インデックスに、約7%含まれています。

個人的には7%程度でほどよい比率だと思いますが、アセットアロケーション決定後、の中の新興国株式部分の中のブラジル比率をどうしてももっと上げたい方は、ポートフォリオの微調整に少額を利用するのが賢明な利用法でしょう。




ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株

ピクテ・インデックスファンドシリーズ-ブラジル株(愛称:ピクテIFブラジル株)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券マネックス証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る