楽天証券・1000円からの投信ミニ積立サービスは素晴らしい

追加情報現在は、500円から積み立て投資できる証券会社もあります


楽天証券が10月半ばから開始する「1000円からの投信ミニ積立サービス」は素晴らしいです。よくぞここまでやってくれた!!と思います。

投資信託を買っている投資家からの評価も非常に高く、それよりも何よりも、今まで買おうにも最低購入金額が高すぎて現実的に買えない!ムリ!と感じていた庶民の方々には、本当にメリットの大きな改革です




1000円から積立可能

従来、投資信託を積み立てようとすると、最低金額は1万円、というのが一般的でした(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは5000円から可能)。それ以外に、ごく一部の小さな投信会社が、3000円から投資可能というファンドもあります。

しかし、大手総合ネット証券の一角が、業界に先駆けてこのサービスを始めた意義は、極めて大きいと言えましょう

例えば、超・低コストで1000円から、全世界に投資しようとした場合、楽天資産形成ファンド(楽天525)をたった1本積み立てるだけで、それが実現できてしまいます。

家計を切り詰めて、わずか5000円を銀行預金に貯蓄している人にも、投資の機会が巡ってきたのです。5000円のうち、わずか1000円だけでも投資に回す事が出来れば、長期的に貯蓄のリターンを向上させる事ができます。

今後他のネット証券も追随して、このサービスが広がってくれれば良いですね。


 


積み立て可能銘柄が390本以上!

せっかく良いサービスでも、それが一部にしか適用されないとしたら、無いに等しいですよね。しかし、楽天の1000円からの積み立てサービスでは、現状、積立可能な投信のほとんどが、同じように積み立てできるのが素晴らしい

メインに積み立てているファンドが有る時、それ以外に少しだけ別のアセットクラス(資産)、例えば、株式投信を月に2万円積み立てている人が、若干の金額、そうですね、ここでは仮に2000円だけ海外不動産(リート)にも積立をしようと思ったら、従来は数カ月に一度、手動で1万円をスポットで買わねばならず、非常にめんどくさい事になってました。

けれども、海外不動産向け投信を月に2000円とか、好きな金額(僅かな金額)で、追加的に投資をする事が可能になります。投資家個人のアセットアロケーションを多彩にして、より広くリスクを分散しようという時に、極めて有効に働きます。



楽天カードからの引き落としも可能

このサービスも、1000円積立(ミニ積立)でも適用されます。




投資のプロや、デイトレーダーのような人は、投資タイミングを気にする必要が有りますが、われわれ庶民はそんな事にいちいち首を突っ込んでいられませんから、毎月同じ日に、ドルコスト平均法を用いて、時間を分散して積み立てるのが王道です。

1000円からの投信ミニ積み立てでも、この投資法を使って、堅実に、長期的な財産形成が可能になります。


⇒参考:楽天カードについてはコチラ・2000~6000円プレゼント中)



投資信託口座開設の申し込みは、下記リンクからどうぞ


楽天証券


だいたい2,3日くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る