楽天USリート・トリプルエンジン (レアル)毎月分配型の評価・解説

楽天USリート・トリプルエンジン (レアル)毎月分配型は、

・バークレイズ・バンク・ピーエルシー社
・クレディ・スイス・インターナショナル社

の2社が発行する、(米国リートETFの価格に連動するはずの)リンク債と、ブラジルレアル円の為替レートに連動するはずのリンク債に投資することで、間接的に米国リートとレアル円の値動きに追随した投資成果を狙うファンドです。

海外リート型ファンドに仮に分類しましたが、実体は上記2社の社債に投資している高コスト社債ファンドです。

ベンチマークもなく、アクティブファンドとしての手腕も測定できない完全な欠陥商品です。


米国リートやリアル円の為替レートに無関係に、肝心な時に債券の値段がつかず取引できない場合や債券デフォルトにより元本全てを失う可能性があります。


(写真はイメージです)

(2014年8月30日更新)

楽天USリート・トリプルエンジン毎月分配型の特徴・評価

・購入単位:1万円以上1円単位(積立は1000円以上1円単位)
 無駄なリスクを取っているファンドのために、SBI証券では積立購入が停止されています。
・信託報酬:年率1.40%(税抜)
・信託財産留保額:0.75%
・決算:毎月(17日決算)。毎月に分配金が170円あるよと月報で太字で書いてある●弱専用ファンドです。

・資産配分比率: 2社の社債に97.7%の比率で投資(2014年7月31日時点)

バークレイズ・バンク・ピーエルシー社とクレディ・スイス・インターナショナル社が発行するiシェアーズ 米国不動産ETFの値動きに連動するリンク債(社債)と、レアル円の値動きに連動する リンク債数銘柄に投資しています。

月報に銘柄名の記載もなく、受益者をバカにしているファンドです

楽天USリート・トリプルエンジン (レアル)毎月分配型 資産組入比率


・償還日:なし
・運用:楽天投信投資顧問
・為替ヘッジ:なし

 

楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)・管理人の感想

バークレイズ・バンク・ピーエルシー社とクレディ・スイス・インターナショナル社の社債に投資しているだけで分散も効いておらず、高コストかつ毎月分配型と全くもって投資検討に値しないファンドです。

にも関わらず、ネット証券でも軒並み売れ筋ランキングTOP5に入っているファンドであることが不思議です。

購入者の何割の方が、このファンドが米国リートやブラジルレアルに直接投資しているわけではないことを知っているのか疑問に感じます。

こんな感じで米国リートの配当やブラジルレアルの高金利など毎月分配金がいっぱい貰える投資信託」という思い込みで買っている方がほとんどでしょう。

しかも、米国リートのコール・オプションの売りを「インカムプラス戦略」とミスリードを誘う書き方に非常に腹が立ちます。

毎月分配金がうれしいというレベルの投資家が、オプションの売りによる複雑な内容を理解できるはずもなく、

 ・米国リートの分配
 ・コール・オプションの売り
 ・レアルの高金利


の3つで「トリプルエンジン」という言葉に惹かれて購入してしまうのは投資家側にも責任があります。(だいたい、「コール・オプションの売り」、なんて言われて理解できます? 俺だって分かんねえよ・・・!)

好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース(愛称 トリプルストラテジー)とコンセプトが似ていますが、どちらも決して買ってはいけないファンドです。


楽天USリート・トリプルエンジン (レアル)毎月分配型 月報記載の注意事項



上記は、月報の最後に小さく書かれている注意事項抜粋です。

単に2社の社債に投資しているだけです。(米国リートETFに連動させることにしている社債とブラジルレアルのレートに連動させることにしている社債)

上記に書かれているように、バークレイズ・バンク・ピーエルシー社とクレディ・スイス・インターナショナル社のどちらかが経営不振や債務不履行になった場合は大幅に元本は毀損しますし、そもそも債券の流動性も乏しく売買が成立しない場合があります。

これらが本来投資家が期待している米国リートやブラジルレアル円レートに無関係に起きる可能性があるのが大問題です。

そもそも何が悲しくて、(販売側は嬉しくて・笑)、米国リートの値上がりを期待するはずのファンドにブラジルレアルの為替リスクを持たせるのか謎です。

シンプルに、先進国リートに低コストで投資できるニッセイ グローバルリートインデックスファンド(信託報酬0.45%)等を購入するだけで、よほど低コストでシンプルに投資できます。

ブラジルレアルの為替リスクをとっても、期待リターンはゼロです。(リスクが大きいだけでリターンにはつながりません)

ブラジルレアルも高金利な分、インフレのために円高に調整され、基準価額の下落につながる為、有利でもなんでもありません。

そして、当サイトで何度も書いている通り、毎月の分配金は、単なる元本からの取り崩しで利益とは無関係です。

このような通貨選択型の毎月分配型ファンドは高コストなだけで、販売側に一方的に有利なファンドです。販売側のカモにならないよう、注意が必要です。

私は鳥類が好きで鴨も可愛くて魅力的だ、という人にのみ、おすすめできるファンドです。

楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型の購入先

楽天USリート・トリプルエンジン (レアル)毎月分配型をノーロードで購入できる証券会社は、以下の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る