赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)の評価

赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)は、日本株式、日本債券と先進国株式、先進国債券の4つの資産クラスに投資するアクティブ型バランスファンドです。投資対象の4つのマザーファンドは全てアクティブファンドです。

赤のライフキャンバス・ファンド(積極型) 基本配分比率


国内債券比率が38%と高い青のライフキャンバス・ファンド(標準型)と比べて、信託報酬は年1.20%(税抜)と同じですが、国内債券の構成比率を23%と低めにし、その分国内株式44%、外国株式17%、外国債券14%と株式、外貨建比率を増やし期待リターンを高めています。

ただ青のライフキャンバス・ファンド(標準型)同様、アクティブファンドとして最も肝心なリターンは配当分を含まないベンチマークにすら劣っており、投資価値はありません。

(2015年8月18日)



赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)の基本的情報

・購入単位:楽天証券SBI証券ではわずか100円より積立購入が可能です。
信託報酬年率1.20%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算: 年1回(2月15日)。
・資産配分比率: 下記4資産のアクティブファンドに以下の基本組入比率で投資しています。

赤のライフキャンバス・ファンド(積極型) 組入資産と構成比率
マザーファンド(アクティブファンド) マザーファンドのベンチマーク  基本組入比率 変更幅 
 国内株式マザーファンド  TOPIX(東証株価指数)  44%  ±10%
 国内債券マザーファンド  NOMURA-BPI(総合)  23%  ±10%
 外国株式マザーファンド  MSCI-KOKUSAIインデックス  17%  ±10%
 外国債券マザーファンド  シティ世界国債インデックス(除く日本)  14%  ±10%
 短期資産  -  2%  -2%~+40%

・償還日:無期限
・運用:T&Dアセットマネジメント
・為替ヘッジ:なし


 


赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)・管理人の感想

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の基本4資産クラスに投資するアクティブ型のバランスファンドですが、姉妹ファンドとも言える青のライフキャンバス・ファンド(標準型)同様にリターンが悪いです。(配分比率が異なるだけで同じマザーファンドに投資しているので当然ですね)

以下が、本ファンドの設定来のリターン(青色)と、株式の配当分を含んでいないベンチマーク(ピンク色)の比較です。配当抜きのベンチマークにさえ、リターンは大きく劣っていることがわかります。

赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)のベンチマークとのリターン比較


かように運用成績が悪いのに、信託報酬は年1.20%(税抜)もかかります。高コスト、低リターンの、ダメアクティブファンドと言えます。

基本4資産へ投資するバランスファンドであれば、25%ずつの配分比率の<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)(信託報酬0.34%)があります。

「新興国株式にも投資したい」方は、信託報酬の低い低コストのバランスファンドの中から、新興国株式を含むものを選択できます

個人のアセットアロケーション(資産配分比率)に応じて、「マトモ」なファンド選びをしたいですね。赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)のような、変なバランスファンドを買ってはいけません。



赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)の購入先

赤のライフキャンバス・ファンド(積極型)は、以下証券会社にてノーロードで購入ができます。

SBI証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る