すぐに分かる! SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の評価

SBI資産設計オープン(スゴ6)は、日本と先進国の株式、債券、REITの計6資産に分散投資するバランス型のインデックスファンドです。

2008年1月9日より運用が開始され、年1回決算のSBI資産設計オープン(資産成長型)と、年6回分配のSBI資産設計オープン(分配型)の2ファンドがあります。

バランス型のインデックスファンドとしては、基本比率固定の世界経済インデックスファンドeMAXIS バランス(8資産均等型)、時価総額比率で投資するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド同様に、低コストの優れたファンドの1つです。

(2015年4月22日更新)


 


SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の特徴や基本的情報

・購入単位:SBI証券にて最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率0.68%(税抜)
信託財産留保額:0.15%

・償還日:無期限
・運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント
・為替ヘッジ:なし

・決算:
SBI資産設計オープン(資産成長型):再投資型。年1回(11月10日)(2013年11月に初の分配金20円を出しています)
SBI資産設計オープン(分配型): 分配型で年6回奇数月に分配。
・資産配分比率:9資産の基本組入比率は以下の通りです。

SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の資産配分比率

SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6) 組入資産と構成比率(2014年10月31日時点)
組入資産(マザーファンド) マザーファンドのベンチマーク   組入比率 基本組入比率
 国内株式  TOPIX(東証株価指数)  20.30%  20%
 外国株式  MSCI コクサイ・インデックス  20.89%  20%
 国内債券  NOMURA-BPI総合  15.58%  20%
 外国債券  シティ世界国債インデックス(除く日本)  19.22%  20%
 J-REIT  東証REIT指数(配当込み)  10.84%  10%
 海外REIT  S&P先進国REIT指数(除く日本)、配当込み  11.12%  10%


SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)、管理人の感想や評価

日本と先進国の株式、債券、REITの計6資産に、信託報酬0.68%と低コストで投資できる良質のインデックス型バランスファンドとして評価できます。

同じ6資産に投資するバランスファンドとしては、アクティブ型のMHAM6資産バランスファンド(愛称:六花選)(信託報酬1.15%)がありますが、本ファンドの方がよほど低コストです。

海外への投資部分に、新興国を入れたくない方は、バランスファンドとしてはこの1本で決まりと言ってよいでしょう。

バランスファンドにも、いろいろな資産配分比率のものがあります。SBI資産設計オープン(スゴ6)やeMAXIS バランス(8資産均等型)のように、時価総額比を考慮せず機械的に配分するものもあれば、世界の時価総額比配分のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、GDP比率を考慮した世界経済インデックスファンドもあります。

新興国株式クラスも投資対象にしたい方は、eMAXIS バランス(8資産均等型)セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、または世界経済インデックスファンドの方が、より世界全体に幅広く分散投資できます。

上記の中で一番配分比率が好みのファンドを選べばよいでしょう。


●参考記事

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと、SBI資産設計オープンを比較
ノーロード&低コストのバランス型ファンド・完全比較



SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)の購入先

SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)は、SBI証券のみでの取り扱いとなります。

SBI証券の公式サイト 

だいたい2,3日くらいで、簡単な口座開設申込書がお手元に届きます。なお、SBI証券自体の詳細を確認される方は、こちらをご覧下さい。



 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る