セゾン投信・中野社長からのメッセージ

長期投資の大先輩方の集うセミナーに出席して、長期投資を実行するにあたっての心構えや、投資の入り口でためらいを感じている初心者の方に、とても有意義なメッセージの数々を頂いてきましたので、紹介いたします。

このページでは、セゾン投信・中野社長

中野さん、個人的な感想で言うと、若かりし頃の澤上社長(さわかみファンド)に似ているお方なのかも知れないと思いました。

セゾンの中野社長に関連する記事は、これまでも当サイトで複数、掲載していますので、そちらもあわせてご覧になって下さい。セゾン投信・中野社長の理念などが伝わってきます。

●関連記事
  

さて、セゾン投信・中野社長からメッセージ、下記の通りとなります。

セゾン投信・中野社長からのメッセージ

セゾン投信・中野社長も、特に今回の暴落相場を何とも思っていないような感じでした。むしろ終始ニコニコしていたのが印象的です。

相変わらずおしゃべりは苦手な雰囲気ですが、話し出すと、とても熱く語りだします。講演の冒頭に話されたポイントは次の通りです。さわかみファンドの社長さんの後に話をされましたので、最初にそちらをご覧になってからいご一読下さい。その方が分かりやすいかも知れません。

血液としての役割を果たす金融が、元に戻っているだけです。本来あるべき、良い市場に戻ってきている。長期投資家は、何も変える必要はない。

現在、セゾン投信の皆さまは、3万1千人いらっしゃるが、(基準価額が)下がるたんびに資金を投入して下さる。

我々はそれで、安い所で淡々と買わせていただく事が出来る。

しかし、世の中にたくさん有るファンドの中には、運用が非常に厳しい(局面を迎えている)ものがかなり出始めていると言った話も聞きます。

これは相場が下落した事によって、投資家が投げ売りしている事も影響しています。高い所で買って、安くなったら売ってしまう。

ド下手くその運用こそ、投げ売りにつながります。

この投げ売りは、銀行の貸しはがしに等しい行為です。

と、かなりヒートアップしてきました。

が、今回の講演では、当サイトが今までお伝えしてきたセゾン投信の姿勢となんら変わる事の無いお話ばかりだったので、特別に、このページでお伝えする事は、実はほとんど有りません。

すでに、紹介しつくしてしまっている感があります。それほど中野社長の言う事は、普遍的でいつの時代にも通用する基本中のキホンのような事を、繰り返し述べているのかも知れません。

なので、今回、管理人の心に強く響いた2つの言葉のみ、ご紹介させていただきましょう。

今行動出来ない人は、一生行動出来ない


100年に一度の危機と言われていますが、これは100年に一度のチャンスでもあるわけです。これから投資を始める人にとっては、こんなにも良い環境はありません。

もしも今始められないのであれば、その人は一生始める事は出来ないでしょう。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

あと7000円しか下がらない


暴落とか危機とか言って世の中騒いでますが、考えてみて下さい、下がるったって、あと7000円しか下がらないんですよ。

実際にはそんな事あり得ませんから!

下の数字はもう決まってるんです。それに対して、上の数字は無限大です。それが、世界経済の大きな流れに乗る事なんです。

7000円発言では、皆さん、結構ウケてました。。

管理人はこの中野さんのところのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを運用のコアにしています。

信頼できる人、この人、好きだなあと思える人に運用を託すことの重要性と言いますか、こういった世間が総悲観になる時に、どれだけ投資家のパニックを収め、冷静さを取り戻して、逆に勇気や元気を与えられるか。

今回のセミナーを通じて、直販型投信の果たす役割は、自分が考えているより大きいなという事が、良く分かりました。

なお、中野社長の肉声は、こちらからもご覧になれます。

セゾン投信『オンラインセミナー』

投資初心者へのメッセージ(長期投資の大先輩3名より)に戻る

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る