S&P BDC指数

S&P BDC指数(S&P BDC Index)とは、スタンダード&プアーズ ファイナンシャル サービシーズ エル エル シー社(S&P社)が算出・公表している、米国BDC(ビジネス・ディベロップメント・カンパニー)市場の値動きを表す浮動株調整時価総額加重平均指数です。

BDCは、米国の中小企業や新興企業の事業開発を金銭面や経営面からサポートする投資会社(プライベート・エクエイティ)であり、取引所に上場しています。

米国株式全体を対象とするS&P米国BMI指数の中からBDC銘柄が選定され、 特定銘柄への集中を避ける為に1銘柄最大10%の保有制限があります。

2013年12月5日より指数算出が始まり、米国市場に上場している代表的かつ流動性基準を満たすBDC42銘柄で構成されています。BDCファンドのベンチマークとして使われます。


 


S&P BDC指数 業種別構成比率

S&P BDC指数の業種構成比率は以下の通りです。

S&P BDC指数 業種別構成比率(2015年10月末時点)
構成国 組入比率
 金融  100%

BDCが投資会社のため、金融(銀行)比率が100%です。金融危機の際は、大きく下落する恐れがあることには注意が必要です


S&P BDC指数 組入上位10銘柄の構成比率

S&P BDC指数の組入上位10銘柄は以下の通りです。構成比率は非公表となっています。

S&P BDC指数 組入上位10銘柄


S&P BDC指数の、配当利回りは年9.26%です。(2015年11月30日時点) 市場が小さく、投資対象が(銀行からの融資を受けられないような)新興企業であるため、この高配当利回りと引き換えのリスクの高さがあることには十分注意が必要です。


S&P BDC指数をベンチマークとするファンド

S&P BDC指数をベンチマークとするファンドには、以下のインデックスファンドがあります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
インデックスファンドBDC(毎月分配型) 0.75%

(2016年1月1日更新)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る