S&P先進国総合指数(S&P Developed BMI)

S&P先進国総合指数(S&P Developed BMI (Broad Market Index))とは、S&P社が1989年より算出し公表している指数で、(日本を含む)先進国25ヵ国の株式市場の値動きを表す先進国株式指数です。

2015年6月30日時点で8351銘柄構成で、浮動株調整時価総額比率で指数化されています。以下のようにS&Pグローバル総合指数のサブ指数です。

S&P社の株式指数の分類
指数  投資国 指数
S&Pグローバル総合指数
(S&P Global BMI)
 先進国25ヶ国  S&P先進国総合指数
(S&P Developed BMI )
 新興国23ヶ国 S&P新興国総合指数
(S&P Emerging BMI)


日本を含む先進国株式指数としては、MSCIワールド・インデックスの方がメジャーな指数です。

銘柄採用基準は、以下表にあるように浮動株調整時価総額や売買高が年次の銘柄見直し時に満たすこととなっています。

S&P先進国総合指数の銘柄採用基準
 項目 採用基準
 浮動株調整時価総額  浮動株調整時価総額が1億ドル以上あること。(7500万ドル未満の場合は除外)
 流動性  直近1年間の売買高が5000万ドル以上あること。(3500万ドル未満の場合は除外)


主要業種構成比率や上位銘柄構成は下記の通りです。 
 

(2015年8月2日更新)



 



S&P先進国総合指数 業種別構成比率


業種 比率
金融 21.3%
一般消費財・サービス 13.5%
情報技術 13.4%
ヘルスケア 12.9%
工業 12.1%
生活必需品 8.8%
エネルギー 6.7%
素材 5.4%
公益事業 3.0%
電気通信サービス 2.9%


S&P先進国総合指数 上位10銘柄


上位10銘柄は以下の通りです。(2015年6月30日時点)構成比率は公表されていません。アップル、エクソンモービル、マイクロソフト、GEなど世界的な大企業が並びます。

銘柄
アップル
マイクロソフト
エクソンモービル
ウェルスカーゴ
ジョンソン&ジョンソン
GE
JPモルガンチェース
ネスレ
ノバルティス
バークシャー・ハサウェイB


S&P先進国総合指数をベンチマークや参考指数としているファンド

S&P先進国総合指数ベンチマーク参考指数とするファンドには以下があります。

ファンド 信託報酬(税抜)
MHAMグローバル・アクティブ・オープン 1.55%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る