さわかみ投信投資信託の評価・解説

さわかみ投信は、日本初の、直販型投資信託運用・販売会社です。代表を務める澤上篤人氏の長期投資哲学に共鳴した方が口コミで集まり、今や3000億円規模の純資産を保有するまでの、大きなファンドに成長しました。

本ページでは、会社としてのさわかみ投信についての管理人の感想を掲載しています。投資信託としてのさわかみファンドの評価解説ページは、別途ご覧ください。




動画は、さわかみ投信の運用説明会の時のものです。運用責任者が草刈さんになってから、少しイメージが良くなった感じがします。



 


特徴①:長期投資哲学にブレが無い

澤上氏は昨今、様々なメディアに引っ張りだこで、書籍などもたくさん書いていますから、一度そういったものに目を通されることをオススメします。(投資信託で長期投資を志す方なら、安い本で十分なので、どれか1冊は読んでおく方が良いと思います)

また、さわかみ投信のホームページでも、澤上氏からのメッセージが掲載されていますから、ご一読ください。一言言えるとしたら、澤上氏ほど長期投資の哲学を持っている、そしてそれを発信している人は他にほとんどいないという事でしょうか。

長期投資の重要性を繰り返し、平易な言葉で、それこそ飽きるくらい説いています。実際に大いに共感する事ですので、管理人としても、大変好意的に受け止めています。



特徴②:日本発の直販型ファンド

一般に投資信託は銀行や証券会社を通じて販売されます。となると、どうしても販売側の意向が強く反映されたファンドが多くなってしまいます。

売る側が利益を得られるファンドと言えば、当サイトが最も忌み嫌う、「ノーロードでなく(つまり販売手数料を徴収する)、信託報酬の高い」ファンドです。

さわかみ投信は、売る側からの影響力を排除するため、日本で初めて「直販型ファンド」として設立された、画期的なファンドです。




特徴③:運用もすべて自前のファンド

現在直販型ファンドはセゾン投信ありがとう投信などが存在します。が、これら2社は、他社で運用するファンドをファンドオブファンズ形式で組み入れた形でファンドを形成し、それを販売しています。

セゾンのグローバルバランスファンドはバンガード社の極めて安価なファンドだけで作られており、非常に信託報酬が安く評価が高いのですが、もう1本のファンドと、ありがとうファンドはファンドオブファンズの悪い所が非常に目立つ、直販なのに信託報酬が高いファンドになってしまっています。

それに対してさわかみ投信は、運用もすべて自前で行っている数少ない(日本初の)直販ファンドであり、日本株のアクティブ運用型ファンドとしては、「ノーロードで、アクティブファンドなのに信託報酬が安い」、画期的なファンドです。



特徴④:投資家へのメッセージが分かりやすいと評判

投資信託は長期投資が基本ですから、短期的な値動きにとらわれる必要はありません。が、そうは言っても、サブプライム問題に端を発した世界同時株安などの暴落局面では、心理的に非常に辛いものがあります。

こういった時に、投資家に分かりやすく、しかも気持ちをなだめてくれるようなメッセージを送ってくれるのがさわかみ投信です。

なお、ユーチューブの動画に澤上さんが出ていますので、ご覧になって下さい。結構「いいおっちゃん」って感じです。



投資信託口座開設の申し込みは、下記リンクからどうぞ


さわかみ投信株式会社


ホームページで、毎月のレポートを読むだけでも勉強になりますよ。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る