シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)の評価

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)は、MSCIエマージング・マーケット・インデックス参考指数とする新興国株式アクティブファンドです。

「シュローダー・グローバル・エマージング株式マザーファンド」にファミリーファンド形式で投資しています。 2007年4月27日に設定されました。以前は、ファンド名に「かぶしき花子3ヵ月分配」の愛称がついていましたが、ダサすぎたのか、2015年8月15日に愛称が削除となっています。

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)


MSCIエマージング・マーケット・インデックス構成国以外の国の銘柄にも投資することがあり得る方針とのことですが、そもそも高コストすぎるし、リターンもインデックスファンドに劣る、ダメアクティブファンドです。購入価値はありません。

(2016年5月1日)


 


シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)の特徴や基本情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券にて最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.88%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算:年4回(2月、5月、8月、11月の各15日)
・資産配分比率:新興国株式計108銘柄に投資(2016年3月31日時点)

通貨別構成比率は以下の通りです。

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型) 通貨別構成比率

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型) 組入上位10銘柄の構成比率

・償還日:無期限
・運用会社:シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし



シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)・管理人の評価

高コストすぎて買うに値しない新興国株式ファンド

新興国株式ファンドとして、信託報酬1.88%(税抜)はあまりにも高すぎます。さらに、運用報告書記載の費用明細(直近半年分)は以下の通り1.747%となっていますので、年間の実質コストは1.747%×2= 約年3.49%(税込)の超高コストファンドです。

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型) 運用報告書記載の費用明細


信託報酬以外のその他費用がかかりすぎ、年間に3.49%もコストがかかっていてはリターンが出るわけがありません


リターンの悪い新興国株式アクティブファンド

過去3年のリターンを参考指数(配当込み)やインデックスファンドと比較してみましょうか。下記が、3年以上の運用実績のある、最も低コストの野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i新興国株式)(信託報酬0.60%)(赤線)の過去3年のリターン比較です。

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)の参考指数(配当込)、インデックスファンドの過去3年のリターン比較


3年間のリターンは、配当込みの参考指数がマイナス0.29%、野村インデックスファンド・新興国株式のリターンがマイナス3.29%、本ファンドのリターンが6.27%の順になっています。

シュローダー・エマージング株式ファンドは指数にはもちろん、インデックスファンドにも劣る情けない成績となっています。これでは何のために3.5%近い高額な費用(実質コスト)をかけて投資をしているのか、全く意味がありません。というか、アホです。

アクティブファンドは一にも二にもベンチマークや、せめてインデックスファンドのリターンを上回るリターンを出してもらわないと困ります。そうでなければ、高いコストをかける意味がありません。

スーパーで300円もかけて、枯れ始めたキャベツを買わされたら、あなたなら怒るでしょ? この投資信託は、まさしくそういうものなのです。

新興国株式インデックスファンドならば、今では信託報酬の安い国際株式型ノーロード投信ランキングにもある、たわらノーロード 新興国株式(信託報酬0.495%)があります。

本ファンドのような信託報酬1.88%もかけて、さらにインデックスファンドに劣る成績の、枯れて朽ち始めたようなダメファンドを購入する必要がありません。

アセットアロケーションの新興国株式部分は、お勧めのインデックスファンドにあるような低コストの新興国株式インデックスファンドをメインとするのが基本です。


シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)の購入先

シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型)は、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら、断然、 SBI証券を選ぶと良いでしょう。



 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る