セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは初心者に最適

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、セゾン投信で販売している2つの投資信託のうちの1つで、世界各地の株式や債券に投資する、インデックス運用のバランスファンドです。(セゾン投信のもう一つのファンドは、主に世界の株式に投資するアクティブ型セゾン資産形成の達人ファンドです。)

資料請求は、コチラから可能です

セゾンバンガードグローバルバランスファンド


世界の株式と債券に50:50の基本投資比率で投資できるだけでなく、株式と債券は時価総額比率で自動的に、各銘柄の組入比率が決まります。いろんな資産をどういう配分で組み入れて良いのかハッキリしない人に、まずはうってつけでしょう。

恣意的な考えは一切入り込まない、真の国際分散投資が可能なファンドと言えます。

低コストで知られる、米国バンガード社のインデックスファンドに投資するファンドオブファンズの形式を取っているため、二重に信託報酬がかかっているにも関わらず、トータルでも低い信託報酬を実現できています。

銀行や証券会社などを通さずに販売する、いわゆる直販型投信で、投信会社とのリレーションシップを重視する投資家投資家、または長期投資家から非常に強い支持が集まっています。

2008年10月のリーマンショックに端を発する金融危機においても、「株安+円高」のダブルパンチで基準価額が大幅下落する中、むしろ買い増しのチャンスだと言う事で、解約者数よりも口座の増加の方が多かった、珍しいファンドです。


●動画で特徴を知りたい人はこちらをご覧ください




(なお、わたくしごとになりますが、実はこのファンドは、管理人が投資に入るきっかけを与えてくれたファンドです。セゾンのファンドが無かったら、完全に悪質な投資信託の餌食になっていましたね。最初からセゾンに出会えたことを、非常に感謝しています)

(2016年10月2日更新)


セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基本的情報

・購入単位:1万円以上1円単位、定期積立プランの場合は5000円以上1000円単位
信託報酬年0.69%±0.03%(税込)=(信託報酬0.47%(税抜)+投資対象のファンドの運用管理費用)
信託財産留保額:0.1%
・償還日:無期限
・運用:セゾン投信
・為替ヘッジ:なし
・決算:再投資型(年1回12月10日)。まだ設定来一度も分配金を出さず、効率的な運用ができています。
参考指数MSCIオールカントリー・ ワールド・インデックス(配当込)とバークレイズ・グローバル国債:G7インデックスを50%ずつ組合せた合成指数としています。
・資産配分比率。株式と債券の基本投資比率バランスは50:50の割合です。詳細は以下の通り。(2016年8月31日時点)

(注)投資対象のバンガード社のインデックスファンドの運用管理費用は、(セゾン投信とバンガード社の契約により)下記表の数値よりも保有残高に応じて低減された比率が適用されています。
投資対象ファンド 投資対象 ベンチマーク 運用管理費用(注) 投資比率
バンガード・U.S. 500 ストック・インデックス・ファンド 米国株式 S&P500 インデックス 0.25% 27.3%
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド 欧州株式
MSCI ヨーロッパ・インデックス
0.35% 11.3%
バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド 日本株式 MSCIジャパン・インデックス 0.30% 4.0%
バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド 太平洋株式(除く日本) MSCIパシフィック・エックスジャパン・インデックス 0.23%  2.1%
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド 新興国株式  
MSCIエマージング・マーケット・インデックス
0.40%  5.4%
バンガード・U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 米国債券 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・U.S.・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス 0.25%  23.8%
バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 欧州債券 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ユーロ・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス 0.25%  17.8%
バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 日本債券 バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ジャパン・ガバメント・フロート・アジャスト・ボンド・インデックス 0.25%  7.6%
 短期金融資産等  -  キャッシュ  0.9%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 投資対象ファンドの投資比率


セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに関する、管理人の感想や評価

世界30カ国以上の株式と10カ国以上の先進国債券に分散投資を行うことができる、インデックス型のバランスファンドです。基本資産配分比率は、株式と債券に原則として50%ずつです。

ファンドオブファンズ形式のバランスファンドですが、低コストのバンガード社のインデックスファンドに投資しているため、トータルの信託報酬も年0.69%程度と、低く抑えられているのが特徴です。

世界各国の時価増額に応じて投資比率が決められており、真に自然体で運用を任せられる国際分散投資にふさわしいファンドとなっているのが特徴です。運用会社や証券会社が恣意的に投資比率を決めているのではないという点で、専門家の評価も特に高いファンドです。

個人的に、バランス型ファンドの中でもコストと性能のバランスが良く、非常に良質の投資信託の1つだと思っています。株式と債券のバランス、またそれらの各国への分散度合いは申し分ないでしょう。

日本への投資が全体の12%とやや低めですが、世界経済に占める日本の時価総額比も約1割程度ですので、理にかなっていると言えます。

日本や新興国の比率を増やしたい方は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを中核として、日本株式や新興国株式等に投資するファンドを別途積み立てる事で、アセットアロケーションを自分好みに最適化することが出来ます。

自分用のアセットアロケーションのカスタマイズには、例えば当サイトでもおススメできるインデックスファンドなどを合わせて購入するのが良いでしょう。

リスクとしては、為替ヘッジがないので、円高基調になると為替差損が出る事です。ただし、これに関しても、長期保有という観点で捉えるとあまり気にしすぎることはないと思っています。為替リスクに対する考え方は、為替リスクも怖くない!のコーナーをご覧になってください。

:実際、アベノミクス以降の円安局面で、非常に多くの利益が為替部分から発生しており、世界的な株価の上昇と同時に、利益を享受することができています)

ファンドの通貨は、ドル建て:48%、ユーロ建て:37%、円建て:15%となっており、株式と債券の割合が50:50と比較的安定性も重視しているのに対し、為替リスクが大きいとの指摘に対しては、逆に、「通貨の世界分散」ができていると評価する事もできます。

また、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのメリットは、投資初心者向けのセミナーが全国各地で多数開催されているため、投資について全く素人の方でも、国際分散投資を簡単に始めやすい点です。

セミナーや、セミナー後の懇親会では、セゾン投信の中野社長と直接お話しできます。他にこんなことができる投信会社はほとんど無く、投資初心者には向いていると言えます。

既に投資経験がある方は、より好きな資産配分のバランスファンドに投資したり、より低コストで各資産クラス別にこだわりの低コストインデックスファンドを選んでも良いでしょう。

他に、低コストかつ分散の効いたバランスファンドとしては、低コストバランスインデックスファンドに記載のものがあります。

管理人は以前、当ファンドをメインに、いくつかのファンドを購入していました。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドへは、毎月4万円の積み立て投資を実施していたほか、円高や株安が大きく進行した時に、随時、スポット購入をした経験があります。

基準価額が低くなった時に買い増すと、同じ金額でより多くの口数を買えますから、10年、20年後にファンドの価格が上昇した時に、より多くのリターンを期待できます。

なお、セゾン投信では毎月、当ファンド保有者に向けて、YouTube動画にて運用報告をアップしてくれています。真摯に投資家のために運用している考えがよくわかりますね。




セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの購入先

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、こちらから購入が出来ます。だいたい1週間くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。一般の証券会社と異なり、投資信託専門企業ですから、キットの中身が濃いです

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの資料請求


なお、セゾン投信の理念・哲学など、詳細を確認される方は、こちらをご覧下さい。また、セゾン投信子ども口座・カンガルーポケットの評価もご覧になれます。



その他のセゾン投信関連ページ

セゾン投信、中野社長に突撃インタビュー:その1
セゾン投信、中野社長に突撃インタビュー:その2
セゾン投信、中野社長に突撃インタビュー:その3
セゾン投信・中野社長より投資家の皆様へメッセージ
★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る