投資信託初心者に最適、セゾン投信の評価・解説

セゾン投信は、2007年3月設立の、まだまだ若い、直販型投信会社です。しかし特に、セゾン・バンガード・グローバルバラン スファンドに見られるように、今まで他社では見られなかったような、超低コストの投資信託を取り扱うなど、投資家寄りの販売姿勢が、大変評価できる企業です。

まずはセゾン投信を立ち上げた中野社長が語る、セゾン投信の哲学をじっくりとご覧になって頂ければと思いますね。(管理人はこの中野社長のお蔭で、ボッタクリ金融商品に手を出さないようなお金の知識を身に付けました。非常に感謝しています)



セゾン投信に資料の請求をする方はコチラ(無料です)

(2015年4月20日更新)

セゾン投信の特徴をまとめると、これ!

特徴①:日本では特筆すべき低コスト投信

なんと言っても、セゾン投信の投資信託は低コストです。現在2本の投資信託のみの販売ですが、当然それらはノーロード、手数料無料です。

さらに、信託報酬の安さは特筆モノで、ここ最近、投資信託販売会社(主に銀行)主導で進められてきた、取り扱い手数料と信託報酬の高額化に、真っ向から対決しているかのごとく、ローコストに特化している姿勢が評価できます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬はなんと0.74%! 

当ファンドは、セゾン投信というファンドが米国のバンガード社のファンドに投資する、いわゆるファンドオブファンズの形式を取っており、この形式は信託報酬が高くなりがちです。が、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは信託報酬を低コストに押さえています。

米国では信託報酬が安いのは当たり前なのですが、日本でもようやくこのようなファンドが登場してくれた事が、嬉しく思います


特徴②:月5000円からの積み立てが可能

投資信託が一番の真価を発揮するのが、ドルコスト平均法を用いての毎月積み立てです。しかし、積立金額が大きすぎると、家計への負担感を強く感じる人が多いのではないでしょうか?
セゾン投信の積み立て投資金額
預貯金と違って、いちおう投資の世界ですから、積み立てを始めたばかりで大きく損失が出るのが怖い、そういう方にとって、月5000円からの積立金額というのは、ちょうど良いのです。

ネット証券を使えば、セゾン投信と似たような投資信託を、月1000円からの積み立てだって可能になっていますが、さすがにそれだと少なすぎて、全然増えません。

5000円を最低積立金額に設定したセゾン投信は、なかなか現実的なところを考えていると思います。

なお、子供さん名義で、積立てやスポット購入も可能です。0歳から、たった5000円を、80歳のおじいちゃんになるまで毎月積み立てた場合、一体どれだけの資産形成が可能か、ご興味ある方はコチラをご覧ください。

セゾン投信子ども口座・カンガルーポケットの評価


特徴③:米国バンガード社のファンドを最大限活用

セゾン投信が現在販売中の2つの投資信託は、米国のバンガード社の投資信託を活用しています。バンガード社は世界において、最も安い価格帯(手数料、信託報酬共に)で投資信託を運用しており、また有数の規模を誇る、ローコストリーダーです。

セゾン投信は、そんなインデックス運用では世界最大の企業、バンガード社のファンドに投資することが出来るため、結果的に安い信託報酬での投信の販売が可能になりました。

ちなみに、他にバンガード社の投信を購入できる先としてはマネックス証券があります。マネックス証券のトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドがあげられます。(こちらも低価格で購入できます)。


特徴④:セゾン投信だけで、すべてがまかなえる

上記までに説明した、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界中の株式、債券に分散して投資しています。(うち、日本への投資は15%程度) これほど世界中に分散できる投資信託は、当ファンド以外になかなか見当たりません。

これに対し、もう1本の投信である、「セゾン資産形成の達人ファンド」は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと異なり、アクティブ運用を志向しているユニークな世界分散型ファンドです。

セゾン投信のファンドがファンド大賞受賞


上記のように、最優秀ファンド賞も受賞しています。それぞれのファンドの中身を良くチェックして、自分にあったファンドで長期投資をすると良いでしょう。


セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの購入先

セゾン投信の2つのファンドの買い付けには、証券口座ではなくて、セゾン投信に直接口座を開く必要があります。こちらから資料から、チェックをしてみてください。

セゾン投信に資料の請求をする方はコチラ(無料です)


だいたい1週間くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。目論見書がキチンと冊子になって入っているのがとても良かったです。証券会社と異なり、投資信託専門企業ですから、キットの中身が濃いです。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る