ソブリン債とは

ソブリン債(ソブリン債券)とは各国の政府や政府機関等、あるいは世界銀行などの国際機関が発行または保証している債券をさします。

各国の国債および政府機関債、世界銀行債も全てソブリン債と呼ばれ、自国通貨建てと外貨建てのソブリン債があります。

日本国債や、シティ世界国債インデックス(除く日本)に含まれるアメリカ国債など先進国の発行する国債の他、新興国の国債や政府機関債もソブリン債に含まれます。

ただ、日本でソブリン債と一般的に呼ばれ、ファンドの投資対象とされているのは先進国の国債や政府機関債など格付けの高い(信用度の高い)債券であることが多いです。

先進国のソブリン債に投資するアクティブファンドとしてはグローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)(グロソブ)ユーロランド・ソブリン・インカムがあります。

ソブリン債の格付けは、その発行国の債券・債務中で最も高い格付けとなり、その国の企業の社債等の格付けは、ソブリン債の格付けが上限となります。これをソブリンシーリングと呼びます。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る