ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)の評価

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)は、LBMA午後金価格(円ヘッジベース)を参考指数とする為替ヘッジ付きのゴールドインデックスファンドです。

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)


海外ETFである、SPDRゴールド・シェア信託報酬0.40%)にファンドオブファンズ形式で投資しており、本ファンドの運用管理費用0.45%(税抜)と合わせ、トータルの信託報酬が0.85%(税抜)の、為替ヘッジ付きの金価格連動インデックスファンドとなっています。

(2016年10月15日)



 


ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)の基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率0.85%(税抜)(=運用管理費用0.45%+投資対象ETFの信託報酬0.40%)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(8月20日)。設定来、分配金は出さず効率的に運用されています。
・資産配分比率: SPDRゴールド・シェアに投資(2016年8月31日時点)

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) の資産組入比率       
投資対象 信託報酬  投資比率
金現物拠出型上場外国信託SPDRゴールド・シェア  0.40% 100.4%
ステート・ストリート短期国債マザーファンド  なし 0.03%


・償還日:無期限
・運用:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
・為替ヘッジ:あり


金現物拠出型上場外国信託SPDRゴールド・シェアと、ステート・ストリート短期国債マザーファンドの2つにファンドオブファンズ形式で投資しています。

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) ファンドオブファンズ構造



ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)、管理人の感想と評価

唯一のゴールド「現物」に投資する為替ヘッジ付きファンド

ゴールドの現物に投資する(為替ヘッジなしの)インデックスファンドとしては、海外ETFの、iShares ゴールド・トラスト(IAU)にファンドオブファンズ形式で投資する、i-mizuhoゴールドインデックス(信託報酬0.65%)があります。

為替ヘッジ付きのゴールドファンドとしてはMHAM金先物ファンド(信託報酬1.15%)がありますが、信託報酬も高く、先物を利用する仕組みのため、長期に保有すればするほど金価格とは無関係に基準価額が減価するという、致命的な欠点がありました。

為替ヘッジ付きのゴールド現物に投資するインデックスファンドは、本ファンドのみで、為替ヘッジ付きでゴールドに投資したい場合は、これが唯一の選択肢となります。


本質的にゼロサムゲームのゴールドに投資するには、高い信託報酬

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)は、ゴールド現物の裏付けのある海外ETF、SPDRゴールド・シェア(信託報酬0.40%)に為替ヘッジ付きで投資します。そしてファンドの運用管理費用費用0.45%を合わせ、トータル年0.85%と高めの信託報酬です。

さらにこの信託報酬以外に、米ドル円に対して為替ヘッジコストがかかります。為替ヘッジコストは、米ドルと円との金利差以外にも、その時の需給によりコストが増減かかります。

為替ヘッジ分、為替リスクはある程度軽減され、リスクは少なくなりますが、リターンは為替ヘッジなしよりは為替ヘッジコスト分下がることには注意が必要です。

また、そもそもゴールドへの投資が必要なのかという問題があります。「ゴールドは安全資産で価値はゼロにならない」、「ゴールドは言わば無国籍通貨なのでデフォルト(債務不履行)はない」と宣伝されます。

しかし実際には米ドル建てなので、為替リスクが存在するため、安全資産でもなんでもありません。ゴールド自体の値動きも大きく、本質的に保有により価値が上がる性質の株式や債券と異なり、金は保有しているだけでは価値を生まないゼロサムの資産です。むしろコストを考えるとマイナスサムの資産と言えます。

本サイトでは、本質的に保有により価値を生まない金(ゴールド)を含むコモディティファンドには、投資不要との認識です。それでもどうしてもゴールドに投資したいという方も、ご自分のアセットアロケーションのほんの一部にとどめておくのが無難です。

ちなみに「管理人、お前は以前にはゴールドに投資してただろ!」というツッコミはアリですが、投資したことがあるからこそ、ゴールドに特段の意味が無いと悟った次第です。あしからずご了承ください。


ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) の購入先

ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は、下記の通りです。

SBI証券 楽天証券


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る