TOPIX Core30とはどんな指数か?

TOPIX Core30(トピックス コア30)とは、東京証券取引所(東証)が算出、公表している日本の大型株式指数(配当抜き)です。

東証一部上場銘柄のうち、時価総額と流動性の高い上位30銘柄で構成される、浮動株調整時価総額加重型の日本大型株式指数です。

東証一部の全上場銘柄で構成されるTOPIXのサブ指数である、東証規模別株価指数から構成される以下のTOPIXニューインデックスシリーズの1つで、日本を代表する大型株の値動きを表す代表的なベンチマークとして使われています。


 


TOPIXニューインデックスシリーズ

TOPIXニューインデックスシリーズとして、時価総額と流動性規模に応じて区分された、9つのサブ指数(いずれも浮動株時価総額加重指数)があります。

TOPIXニューインデックスシリーズ
  TOPIXニューインデックスシリーズ 時価総額と流動性の高い銘柄
指数 サブ指数   サブ指数 サブ指数   サブ指数  サブ指数
 TOPIX  TOPIX1000  TOPIX500  TOPIX100  TOPIX Core30 上位30銘柄(超大型株)
 TOPIX Large70 上位31位から100位までの70銘柄(大型株)
TOPIX Mid400(ミッド400)   上位101位から500位までの400銘柄(中型株)
TOPIX Small   TOPIX Small500     上位501位から1000位までの500銘柄(小型株)
   TOPIX Small2     上位1001位以降の銘柄(小型株)


TOPIX Core30は、基準日(1998年4月1日)の時価総額を1000ポイントとした時の現在の時価総額を示しています。構成銘柄は年1回(10月)に見直されます。
TOPIX Core30の業種別構成比率や、組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

(2018年11月5日更新)




TOPIX Core30の業種別構成比率

TOPIX Core30の業種別構成比率は以下の通りです。(2018年9月28日時点)

TOPIX Core30  組入上位10業種の構成比率
業種 組入比率
 電気機器  21.7%
 輸送用機器  18.0%
 情報・通信業  17.1%
 銀行業  13.8%
 卸売業  5.1%
 陸運業  5.0%
 医薬品  4.7%
 その他製品  3.1%
 保険業  2.6%
 小売業  2.6%



TOPIX Core30の組入上位10銘柄の構成比率

TOPIX Core30の組入上位10銘柄は以下の通りです。(2018年10月31日時点)

TOPIX Core30  組入上位10銘柄の構成比率
銘柄 組入比率
 トヨタ  9.9%
 三菱UFJフィナンシャルグループ  6.3%
 ソニー  5.5%
 ソフトバンク  4.9%
 NTT  4.3%
 三井住友フィナンシャルグループ  4.1%
本田技研工業  3.7%
 キーエンス  3.6%
 みずほフィナンシャルグループ  3.5%
 KDDI  3.3%



TOPIX Core30をベンチマークや参考指数としているファンド

TOPIX Core30をベンチマークや参考指数にしているファンドは以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
コア30インデックス 0.80%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る