たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>・・為替ヘッジ付の本命

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>は、FTSE世界国債インデックス(除く日本)(為替ヘッジあり)をベンチマークとする、為替ヘッジ付きの先進国債券インデックスファンドです。

アセットマネジメントONEの超低コストインデックスシリーズである、たわらノーロードシリーズに、たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>と共に2016年10月3日より追加され、運用が始まりました。

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>


為替ヘッジ付きの先進国債券ファンドとしては信託報酬が最安レベルであり、リターンも良好で、同クラスとしては最有力候補の優秀なインデックスファンドです。


(2019年1月4日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>の基本的情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.20%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(10月12日)
償還日:無期限
運用会社:アセットマネジメントOne株式会社
為替ヘッジあり


このファンドのポートフォリオなど

外国債券計641銘柄に為替ヘッジをかけて投資(2018年11月30日時点)。国別構成比率は以下の通りです。米国が約47%を占め、フランスが約10%、イタリア約8.9%と続きます。

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 国別構成比率


残存期間別組入比率は以下の通りです。最終利回りは年2.0%、平均残存期間は8.87年、修正デュレーションは6.92%です。

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 残存期間別組入比率


「為替フルヘッジ外国債券パッシブ・ファンド・マザーファンド」にファミリーファンド方式で投資しています。

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> ファミリーファンド方式構造



たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>、管理人の感想や評価

信託報酬が最安レベルの為替ヘッジ付き先進国債券インデックスファンド

信託報酬が年0.20%と、Smart-i先進国債券インデックス(為替ヘッジあり) (信託報酬0.19%)に次いで信託報酬の低い、為替ヘッジ付きの先進国債券インデックスファンドとして、評価できます。

為替ヘッジありの先進国債券インデックスファンドとして、信託報酬が年0.20%(税抜)と、為替ヘッジ付きで信託報酬が最安だったSMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)(信託報酬0.50%)の、わずか40%のコストとなる信託報酬です。

理論上の期待リターンは為替ヘッジコスト分、下がりますが、為替変動による値動きを軽減したい人には、待望の低コストの為替ヘッジ付先進国債券ファンドです。

実際に、後発のSmart-i先進国債券インデックス(為替ヘッジあり) が登場した2017年8月29日以降の、約1年4カ月の以下3ファンドのリターンは以下の通りです。

・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>:-1.33%(グラフ緑色
・Smart-i先進国債券インデックス(為替ヘッジあり):-1.34%(グラフオレンジ色
・SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり):-1.81%(グラフ赤色

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> Smart-i先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)、SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)との過去のリターン比較グラフ


やはり信託報酬の低い本ファンドがリターンもよく、信託報酬が確実にリターンを削ることがよくわかる事例であり、本ファンドがアセットアロケーションに為替ヘッジ付きの先進国債券クラスを入れる場合の、最有力候補の1つになります。


為替ヘッジコスト分だけ期待リターンが下がることに注意

本ファンドは為替ヘッジコストがかかり、その分の期待リターンは下がります。

為替ヘッジコストは、将来、ある為替レートで通貨交換をするときの取引に伴う、高金利通貨の売り側が支払うコストです。

信託報酬や実質コストにはそのコストは含まれておらず、基準価額に織り込まれているために見えにくいのですが、確実にかかっていることを理解しておきましょう。

基本的には為替ヘッジコストは2通貨の金利差分のコストですが、それに加え需給要因でも変動するため、思わぬ高い為替ヘッジコストになる場合もあり、注意が必要です。

ただ、為替ヘッジをかけることで、ある程度為替変動は抑えられる分、リスクは下がります。(基本的には期待リターンが下がらないよう、例えばたわらノーロード 先進国債券(信託報酬0.17%)などの為替ヘッジなしのファンドでポートフォリオを組むべきだとは思いますが・・・。)

アセットアロケーションに占める外国資産比率が高く、期待リターンを下げてもリスク資産全体の為替リスクを抑えたいなどの場合、一部を為替ヘッジ付きのファンドにするというのはありだと思います。

⇒参考:アセットアロケーションと為替ヘッジの是非について



たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>の購入先

たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>は購入先に関係なくノーロードです。購入できるのは下記の証券会社、銀行です。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)松井証券岡三オンライン証券、長野證券


証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る