銀行・証券会社の店頭で投資信託を買うべからず!

皆さんの給与振込口座は恐らくほとんどの人が大手銀行など窓口のある銀行の口座になっていると思います。退職金なども、この口座に振り込まれることになります。

しかし一方で、この退職金資金を運用したいと言う思いもあり、つい資金を預けている銀行に資産運用の相談などをしてしまう事になります。

カモ


すると銀行の担当者、どういう風にあなたを取り込むと思いますか?

(2016年3月26日更新)


 


顧客の立場を考えないセールストークのパターン

退職金が2000万円振り込まれたとします。で、これの資産運用の相談をすると、銀行担当者はこう言うはずです。

「せっかく受け取った退職金を、リスクの大きい株式投資などに振り向けるのは危険ですよね?」

⇒って、株式投資などされたら資金が証券会社に流れてしまいますから・・・・) 「とすると、なるべく元本割れのリスクの無いものが良いかも知れませんね。そうすると、

世界中の様々な資産に分散して投資するファンドなどが良いかもしれません。」(⇒と言いつつ、高い販売手数料信託報酬で自分たちが潤う投資信託の方に話を持っていく

「しかし一方で、資産運用しつつも、毎月一定額が分配される、毎月決算型のファンドが人気です。もう一つの年金とも言える存在ですよ。過去の実績があるので、資金の大半を運用してもリスクが少ないですから。」

⇒と、こう言う事で、本来アセットアロケーションの管理上大きな問題が出るにもかかわらず、退職金の大半を、フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)などの「ぼったくり毎月分配型ファンド」に購入させる


銀行員や証券会社の営業マンから見た「顧客」はカモ

今、投資信託が大ブームとなっています。ブームと言うのは不思議なもので、周りがやっているなら私も、と言う風に、大した知識や学習もなしに、自分もそれに乗っかろうとします。

こういう「お客さん」を、銀行や証券マンが見逃すはずがありません。大した知識が無いまま相談に来ますから、言いくるめるのが非常に楽なんですね。

特に銀行は、投資信託の半数程度を扱うほどの販売チャネルとなっています。銀行に預金を預ける程度の感覚でやってくる獲物を落とすのなど、彼らにとって簡単なものです。

しかも、上層部から「売れ」と言われる商品、つまり自分たちに都合の良い商品、ノーロードでなくて販売手数料や信託報酬が高いファンドをさも優れたファンドであるかのように説明して、購入させます。

⇒参考:週刊東洋経済(08/11/10)の覆面対談が面白い!


あなたは車を買うとき、どういった行動を取りますか?

考えてみると不思議なんですが、「2000万円あるのですが、どう使ったら良いでしょうか?」と言うのは、大変間抜けな質問ですよね。

車を買うときに、ディーラーにそんな質問する人がいるでしょうか?


皆さんは車の事を良く知っています。まず自分たち家族のニーズに合致した車種を選び、その後その車の適正な価格をチェックします。そしてさらに、適正価格からより安くするために、複数のディーラーを渡り歩き、相見積もりさせて、とことんまで値段にこだわります。

日産 アルティマ


それに対して、金融商品を購入する時の、あなたの行動は、車の時のそれと同じですか?

自分のニーズに合った商品を、まず最初にピックアップしているのでしょうか? 候補に選んだ複数の商品を比較し、そして購入手数料をゼロ(ノーロード)に出来るのか、信託報酬が安いのはどれなのか、過去の運用成績はどうなのか、段階を踏んでチェックしているでしょうか?

それをやらないで、最初から店頭に相談に行くと、彼らに都合の良い商品を薦められるままに、購入してしまう事につながりかねません。

参考:問題のある投資信託の解約と、その後に買いつける投資信託
   みずほラップファンドはなぜ信託報酬がこんなにも高いのか?


投資信託選びも、車と同じです。いや、最終的には1000万円単位で資産を管理するのですから、車選び以上の慎重さが求められるのです


今ではネット証券で低コストファンドが購入可能

幸い、今では銀行の窓口に行かなくても、ネット証券で簡単に低コストかつ投資対象が十分に分散されたノーロードかつ信託報酬の低いインデックスファンドを買うことができます。
(彼らは儲からないので決して勧めてこない商品です。)

銀行のカモになるのではなく、当サイトでおすすめするインデックスファンドを使ってご自分のアセットアロケーションを実現し、低コストで資産形成をするようにしましょう。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る