株の現物取引 VS 投資信託 手数料比較!

同じように証券会社を使って購入するのに、投資信託と株の現物取引では、かかるコストが大幅に違ってきます。

それも当然、株取引では、銘柄探しやその銘柄の株式への投資、さらに売却などすべて自分自身の手で行います。

それに対して投資信託では、プロのファンドマネージャーに、それらの一切を任せますので、投資信託は構造上、各種手数料が高くなりやすい性格を持っているのですね。

では、それら手数料が、具体的にどのくらい違うのでしょうか? 実際に比較してみたいと思います。


 

株の現物取引 VS 投資信託 手数料比較

下記は、投資信託と個別株の現物取引を行った際の手数料体系の比較です。

投資信託 個別株の取引
購入時 購入手数料0~3.5%程度(10万円購入の場合1回につき0~3500円) 購入手数料(10万円購入の場合1回につき0~1050円くらい)
保有時 信託報酬年1~3%程度(10万円購入の場合、毎年1000~3000円) 無し
売却時 ほとんどの場合、売却時の手数料は無し 売却手数料(10万円購入の場合1回につき0~1050円くらい)
トータル 初年度で1000円から6500円くらい、信託報酬は毎年かかる 1年で売却したとして2100円くらい


個別株の取引に比べて手数量、購入手数料や信託報酬が結構かかるのが分かります。

上記の表は10万円投資した場合ですが、仮に1000万円の資産があったとしたら、新信託報酬1%で、何と年間10万円もコストがかかる事になります!

(それに対して現物株は保有時のコストはゼロですからね)

つまり、このコストを吸収するために、投資信託は時間の分散を図り、継続的に投資して複利効果を得ること、そして何より、とにかく購入手数料はノーロード(手数料無料)、信託報酬はできれば1%未満のものにした方が良いのです。

コラム・投資信託一刀両断!に戻る

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る