投資信託に関する分かりやすい動画、これを見ておけば間違いなし

投資信託、または投資全般に関して解説している動画をいくつか集めてみましたので、初心者の方はぜひご覧になって下さい。

動画の講師は、カン・チュンドさんで、韓国の方です。一瞬「怪しい」と思われるかもしれませんが、長期投資、そして金融機関の言いなりにならない投資について、かなり頑張って啓もう活動をされている方で、インデックス投資家でカンさんを知らない人はいないほどです。

では、順に見ていきましょう。大した時間は取られませんので、ご安心ください。


●資産運用ってこうなのです




動画の中で言っているポイントは、以下の通りです。2~4はノーベル経済学賞の基礎となっている「現代ポートフォリオ理論」に基づいています。

1、投資信託を用いる
2、市場全体に投資をする
3、世界分散投資をする
4、株式だけでなく、債券やその他の資産を組み合わせる



投資ではなく、「普段の仕事の方が大事」、そして「忍耐力が大事」と言うのは、大いに共感できます

マネー雑誌など読み過ぎるな、と言うのも良い。マネー雑誌は金融機関がスポンサーだから、いちいち本気にしてはいけませんよ。頻繁に購入させて手数料を稼がせるための「罠」だと思って下さい。


●金融機関と対決編




投資信託はどうしてノーロードが良いのかを簡単に解説しています。

それと金融機関に行って「どのファンドが良いでしょうか?」と聞いてはいけないと言ってます。あたりまえですね。「200万有るのですが、どの車を買えばいいでしょうか?」と言って、車を買いに行くおバカさんはいませんよね?


●投資信託編




この動画は、特に説明入りません。素直に見てください・笑。


●インデックス運用編



上の動画は必ず見てください。かなり大事。アクティブファンドの成績のほとんどがインデックスファンドに負けている話が出てきます。金融の世界では、実は常識です。

ではなぜマネー雑誌にはアクティブファンドがやたらと出てくるのか? ハイ、マネー雑誌と紐付いた金融機関が、これを売れば手数料を稼げて、儲かるからです。

マネー雑誌の「記事」と言えども、雑誌のスポンサーは誰かと言う事を頭に入れると、記事ではなくて半分「広告」なのだと言うのが理解できます。


●感情リスク編




儲かる話には気を付けましょう。「絶対もうかる話」が有るとしたら(現実にはそんなもん、有りませんが)、私なら絶対に人に教えないで、自分でコソコソと儲けます。


投資信託とは何か?に戻る


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る