投資信託のリスク・デメリット

資産が減るリスクもある

当然、元本保証の商品でないため、購入した価格よりも値下がりして、元本割れ(損失)をこうむる可能性もあります。

特に欲を出して、資産のかなりの割合を新興国への株式投資に当ててしまったり、IT株や店頭公開株など、偏ったポートフォリオの商品に集中投資してしまった場合に、大きな損失をこうむる可能性があります。

(ITバブルの崩壊の時は、IT株ファンドは軒並み大きなロスを抱えました。未だに価格は大きく下がったままです)

 



株の現物取引に比べて、手数料が割高

資産運用をプロ(ファンドマネージャー)に委託するのですから、当然、彼らに支払う手数料が発生します。

また、投資信託を購入する際にも手数料が発生します。

下記は、投資信託と個別株の現物取引を行った際の手数料体系の比較です。

投資信託 個別株の取引
購入時 購入手数料0~3.5%程度
(10万円購入の場合1回につき
0~3500円)
購入手数料
(10万円購入の場合1回につき
0~1050円くらい)
保有時 信託報酬年1~3%程度
(10万円購入の場合、
毎年1000~3000円)
無し
売却時 ほとんどの場合、
売却時の手数料は無し
売却手数料
(10万円購入の場合1回につき
0~1050円くらい)
トータル 初年度で1000円から6500円くらい、
信託報酬は毎年かかる
1年で売却したとして2100円くらい


個別株の取引に比べ、手数量が割高ですので、投資信託は長期保有型の商品と言う事ができます。

超簡単、投資信託の始め方


 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る