三井住友・バンガード海外株式ファンドの評価・解説

三井住友・バンガード海外株式ファンド(旧 トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド)は、米国株式65%、欧州株式30%、新興国株式5%の基本比率で海外株式に投資する、バランス型インデックスファンドです。

2013年4月1日付の、三井住友アセットマネジメントとトヨタアセットマネジメントの合併により、「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」からファンド名が変更されました。

三井住友・バンガード海外株式ファンド 地域別基本配分比率


低コストで有名な、米国バンガード社の米ドル建て米国籍のインデックスファンド4本に、ファンドオブファンズ形式で投資しています。

そのため、本ファンド自体の信託報酬年1.00%(税抜)と、投資対象のバンガード社のインデックスファンド自体の信託報酬を合わせ、トータルの信託報酬は約1.244%(税抜)と、インデックスファンドとしては高コストなファンドになっており、投資対象のバンガード社の低コストファンドを台無しにしています。

(2016年4月20日更新)


   


三井住友・バンガード海外株式ファンドの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬:年率1.244%(税抜)(=運用管理費用1.00%+投資対象0.244%)
信託財産留保額:なし
・決算: 年1回 (4月5日)
・資産配分比率: 米バンガード社の4つのインデックスファンドに以下の比率で投資するファンドオブファンズ形式のファンドです。(2016年3月31日時点)

    
米ドル建て米国籍インデックスファンド 基本投資比率 信託報酬 ベンチマーク
バンガード・グロース・インデックス・ファンド (米国成長株式)  32.2% 0.23% CRSP US ラージ・キャップ・グロース・インデックス
バンガード・バリュー・インデックス・ファンド (米国割安株式)  32.6% 0.23% CRSP US ラージ・キャップ・バリュー・インデックス
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド (欧州株式)  25.7% 0.26% FTSE ディベロップド・ヨーロッパ・インデックス
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド (新興国株式)  3.6% 0.33% FTSE エマージング・インデックス


・償還日:無期限
・運用:三井住友アセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし

三井住友・バンガード海外株式ファンド、管理人の感想と評価

先進国株式に投資するインデックスファンドとして、信託報酬が高すぎます。

三井住友・バンガード海外株式ファンドが設定された当初は、海外の株式に信託報酬1%未満で投資できるファンドはなく、新興国株式ファンドに至っては、ノーロード型自体ありませんでした。(現在は、ノーロードの新興国株式ファンドは多数存在しています。)

そのため、三井住友・バンガード海外株式ファンドは、信託報酬が約1.244%(税抜)でも存在意義がありました。

元マネックスユニバーシティ社長の内藤忍さんが、ワイン投資とか海外不動産投資等のダークサイドに堕ちる以前に設定したファンドです。

ただ、現在は海外株式インデックスファンドとしてはずっと低コストのものがあるため、三井住友・バンガード海外株式ファンドをわざわざ購入する必要はなくなっています。信託報酬は長期に運用すればするほど、少しの違いでも資産運用の結果に大きく影響を及ぼします。

先進国株式インデックスファンドとしては、ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.24%)やたわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.225%)があります。新興国株式に投資するファンドでも、たわらノーロード 新興国株式(信託報酬0.495%)が購入できる時代です。

また、1つのファンドに投資したい方は、 本ファンドと同じく、日本を除く世界株式に投資したければ三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(信託報酬0.25%)1本で可能となっています。

同じバンガード社のファンドに投資し、日本を含む先進国・新興国の株式と、先進国債券(日本含む)に50%ずつの比率で国際分散投資ができるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも有力な選択肢になるでしょう。

三井住友・バンガード海外株式ファンドはその意味ではすっかり時代遅れのコスト水準のファンドと言えます。以前から自動積立設定のままになっている方は、これを機会に購入ファンドを見直されることをお勧めします。



三井住友・バンガード海外株式ファンドの購入先

三井住友・バンガード海外株式ファンドをノーロードで取り扱っているのは下記の証券会社です。

フィデリティ証券SBI証券マネックス証券楽天証券SMBC日興証券ダイレクトコース東海東京証券三井住友銀行(ネット専用)


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る