バンガードのインデックスファンド日本直販はあるのか?

2009年6月17日、低コストの海外ETF、またはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの元になるインデックスファンドを提供する、米国・バンガードの日本法人、バンガード・インベストメンツ・ジャパンさんを訪問する機会が得られました。多岐にわたったお話の、2ページ目です。

 ⇒最初のページはコチラ・バンガード・加藤さんの事


 

その③:ファンドの直販について

質問:御社を良く知る人であればあるほど、インデックスファンドの直販を求める声が強いのですが、現実的にはかなりの困難が有ると推定されます。そのあたりはどうお考えですか?

加藤さま:バンガードの会社構造は非常に特殊でして、ファンドに投資して下さる人が、結果的に株主でもあります。非常に安いコストでできるという事の基本的な土台です。それからもう1つは、本当に投資家だけのために行動できるという、ここも原点なのです。

(普通は)利益を上げなければ株主は喜ばない。だけれど、利益を顧客(株主)から搾取するようなことをしたら、まずいですね、顧客のためにならないから。従って、これは(バンガードの会社構造は)唯一の解決策だと思うのです。だからバンガードがやることというのは、その原則に反するようなことは絶対にしないのです。

その重要なポイントを踏まえた上で先ほどの話しに戻りますが、日本で直販をやろうとすると、非常に、まずお金が掛かります。

それなりのシステムを入れて、初期投資も非常にかかる。

それから、バンガードを知っている方は、既に大ファンになって頂いた方はたくさんおられるのですが、普段街なかを歩いていてバンガードを知っている人がいるかと言うと、100人中1人もいない訳です。

そんな中で直販を立ち上げました、と言っても、誰も来てくれなければ、まったく投資が無駄になります。無駄になるとどういう事になるかというと、損失が出て、損失が出ると、それは直接、既存のお客様に影響を及ぼすわけです

広告も大量に打たないとその効果はなかなか出てきません。(100億円単位で)

しかし、そんな事はやってはいけない会社なのです。それをやると、要するに、バンガードの存在意義が無くなるのです。だから、そういうことはしないのです。バンガードの哲学でもあります。

質問:そうは言っても、バンガードが日本に進出されて9年になりますよね。やはり直販でインデックスファンドを、と言う期待はあるのですが、現時点でのお考えはいかがですか?

加藤さま:どうしたらいいかということで、悩んできた歴史が、この日本のバンガードの歴史なのです。しかし現時点で、直販をする状況には無い、と判断しています。セゾンさんとか、トヨタと組んで、ファンド・オブ・ファンズを売っていますね。ああいう形が、今のところは実現可能な、ベストな方法であろうというふうに考えています。

バンガードETFの東証上場はあり得るか?



バンガードの各種インデックスファンドをたった1本に集約して、世界分散投資できる唯一の投資信託はコチラ。バンガードの加藤さんも積み立て中。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

だいたい1週間くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。目論見書がキチンと冊子になって入っているのがとても良かったです。証券会社と異なり、投資信託専門企業ですから、キットの中身が濃いです

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る