業界のお話、その他のお話

2009年6月17日、低コストの海外ETF、またはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの元になるインデックスファンドを提供する、米国・バンガードの日本法人、バンガード・インベストメンツ・ジャパンさんを訪問する機会が得られました。多岐にわたったお話の、3ページ目です。

 ⇒最初のページはコチラ・バンガード・加藤さんの事
 ⇒2ページ目・バンガードのインデックスファンド直販はあるのか?
 ⇒3ページ目・バンガードETFの東証上場はあり得るか?


 


その⑤:東証の話、業界の話

質問:少々お聞きしにくい質問ですが、日本におけるETFの普及を阻害している抵抗勢力が、東証だったり大手の証券会社だったりする、と言う意見もありますが、いかがでしょうか?

加藤さま:まずやり玉に上げられたのは東証です。東証自体が、ものすごくやる気がないのではないかとか。

しかし、それは誤解です。今の東証のトップは、大変アグレッシブな方で、かつてはものすごく手数料が高かったのが、今は大変に安いですよ。

東京の証券市場の国際化をうたっている人で、なにしろ日本でETF市場を作るのだと、非常に熱心な方なのです。当然、我々にも働きかけているし、アイシェアーズさんにももちろん働きかけているのですが、それは、先ほどから言うように、元々実現の可能性が極めて低い話しなんです

それから次に、証券会社がやり玉にあげられます。証券会社が妨害しているのではないかと。

確かに、彼らはやろうと言っても儲かるわけがないのですし、先ほど言ったような状況下で、他の商売が沢山ある時に、そこまで時間やら経営資源を割けられないんです。従って、妨害云々と言うのはありませんね。

そうなると最後に来るのは、バンガードの加藤と言うのが相当消極的らしいと…・(笑)

質問:なるほど・笑。それにしても状況をいろいろ伺っていると、東証の国際化と言うよりも、自分の方がいくらでも国際化出来ると言いますか、そう言う思考も必要かもしれませんね。

加藤さま:今や、証券取引所自体が大リストラですから。世界中で、例えばニューヨークなどは、もうすぐ恐らく本当にすぐ、24時間トレードは実現しますから。そんな時に、日本で作ってもしょうがないかも知れません。業界の人でも、そのあたりの認識が無かったりしますね。




その⑥:インデックスファンドブームについて

質問:ETFなどの市場規模が少ないと言う話ですが、そうは言っても最近はインデックスファンドが、一種のブームになっていますよね?

加藤さま:これは凄いですね。ネット系証券会社で売って頂いているバンガードのETFなどはボリュームが、ひと月に10%もの勢いで増えています。年ではなくて月。

インデックス系の本などは、もう申し上げるまでもなく社会現象のようですけれども、2年ほど前までは、ほとんどなかったし、売れないといわれていたのです。

まさにボーグルがインデックスファンドを出した時に、みんなが売れないと言ったのと同じようなもので。ところがブレイクしたのです。今や売れる投資の本というと、インデック系とか、長期投資とか、かつては考えられなかったですね。そうすると必然的に、バンガードが取り上げられる

質問:そのような中で、ある程度の広告宣伝をすれば、相乗効果があると思うのですが?

加藤さま:既にお話したような)バンガードの哲学を守る中で取るべき戦略としては、ウェブマーケティングを中心にした非常に安価な広告、それとメディアとのパブリックリレーションズですね。広告ではないほうです。

それと連携させて知名度を上げていきたい。いや、知名度といいますか、やはり我々の考え方がコアになりますから、それを普及させないといけないと思うのです。それは、ここ1年半ぐらい、非常にうまくいっています。メディアの掲載というのは、その前は、ほとんどゼロと言ってよかったのですが、今は非常に増えていまして、それが、またここに来て増えきています。



その⑦:その他の若干の質問

質問:最後に、今までと重複しない部分で、アンケートの集計結果から質問させて下さい。まず最初に、次に日本に登場するETFは何ですか?笑

加藤さま:これは内緒です。言える訳ないです・笑。ただ、債券ETFが欲しいと言うお話は、ご要望として、承りました・笑。

質問:バンガードのインデックスファンドのコストがどのように下がっていったのかを知りたいと言うご質問もあります。

加藤さま:(6月20日のセミナーで使用する)資料が有りますので、お見せしましょう。

これによると、1975年の純資産に対する経費率は米国籍のミューチュアルファンド(投資信託)の業界平均が1.08%、それに対してバンガードは0.89%です。

それが2008年でどうかと言うと、業界平均が1.19%と上昇しているのに対し、バンガードは0.2%に下がっているんですね。

インデックスファンドとアクティブファンドそれぞれに見ても同じ。

インデックスファンドの業界平均が0.86%に対し、バンガードは0.15%、また、アクティブファンドの業界平均が1.21%に対し、バンガードは0.27%です。

いかにバンガードの原則を、社是を実現するか、つまりそれは、言ってみれば顧客にとって本当にいいことが、どうやったら実現できるか。それを、やはり我々は考えているのです。これは容易な事ではないです、だって販売会社をストレートに使えないのですから。我々、販売会社に一切、お金を出さないですから。

質問:バンガードグッズをもっと販促に使えないかと思いまして、アンケートにとってきましたが、いかがでしょうか?

加藤さま:これは、参考になりますねー・笑。セミナーなんかに使えるかもしれない。先般エコバッグを作りましたが、こんなご意見もあるんですから、今後参考にさせていただきます。

質問:SMAPに例えると、なんて言うバカバカしい質問も作りました・笑。

男性社員さん:アクティブな方ほど、見事に順位が下がっていますねー。パッシブな草食系のイメージが有るみたいですね・笑

加藤さま:そうですね。確かにそうだ。



以上、バンガード・インベストメンツ・ジャパンさんへのインタビューでした。

投資の初心者の方にとって、バンガードのインデックスファンドを直販するとか、海外ETFを東証に上場させるとか、ちょっと難しい話が多かったかも知れません。

しかし、これは言い切って良いかと思いますが、バンガードの商品を利用すると言う事は、投資する、と言う行動においての、一つのシャングリラ(理想郷)である、と言う事です。

このあたりは、バンガードジャパンさんが主催した「バートン・マルキールセミナー」の記事と、あわせてご覧いただくと、分かりやすいかと思います。

そしてそのシャングリラを、現時点の日本における実現可能な最良の商品としてまとめあげたのがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、と言う事ができます。

さて、インタビュー記事を読んで頂いて、どうお感じになったでしょうか?

あくまで管理人の個人的感想ですが、「今すぐに日本で直販に乗り出したり、東証に上場したりする事は、非現実的だし、不可能である」と言う事を、正直に、包み隠さず発言されたところに、バンガード社の哲学を垣間見た気が致します。

日本と言うローカルな視点だけではなく、バンガードは常に全世界を見据えて、投資家のためにならない事は一切やらない、と言う姿勢が、良く理解できました。

管理人は、情緒的ではなく、このように冷静かつ合理的な判断を積み上げて成長していく企業が好きです。その意味で、これからも常に応援していきたい会社だなと、そう感じました。(ETFを買うと言うよりは、会社の株式を買いたい!)

実現の可能性、と言う意味では、外国株取引をいちいち為替取引をせずとも、日本株同様のやりやすささで取引できるようなシステム改良をして頂く方が、よほど現実的だと思いましたので、今後、大手ネット証券さんにお願いしてみよう!と考えました。

ターゲットは楽天証券SBI証券さんあたりかな? 果たしてこの要望を聞いて下さるか。また一つ、楽しみが増えました。


バンガードの各種インデックスファンドをたった1本に集約して、世界分散投資できる唯一の投資信託はコチラ。バンガードの加藤さんも積み立て中。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド


だいたい1週間くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。目論見書がキチンと冊子になって入っているのがとても良かったです。証券会社と異なり、投資信託専門企業ですから、キットの中身が濃いです


バンガードの各種インデックスファンドをETF(上場投資信託)として売買したい方はコチラ。

通常の外国株取引と同様の操作性で、超低コストのETFを買う事ができます。管理人も購入しています。

楽天証券「海外ETF」マネックス証券SBI証券


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る