ワールド・リート・オープン(1年決算型)

ワールド・リート・オープン(1年決算型) は、日本を含む先進国のリート(不動産投資信託)に投資する世界リートアクティブファンドです。参考指数はS&P先進国REIT指数(配当込み)(=S&P先進国REIT指数(除く日本)Jリート)です。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型) とは投資対象のマザーファンドが共通で、税金支払いが少ない年1回決算コースになっている事だけが違います。

ワールドリートオープン


ただし、信託報酬が年1.55%と高く、参考指数に対してリターンが負け続けるダメアクティブファンドであることは変わりません。

アクティブの反対語は「パッシブ」なのですが、ワールドリートオープンのように恐ろしくコストが高い割にインデックスファンドに負け続ける投資信託の事を、「ネガティブファンド」と名付けたい気分で一杯になります。

(2014年11月22日)



ワールド・リート・オープン(1年決算型)の特徴・評価

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.55%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(6月10日)。毎年10円の分配金に抑え、税金払いを少なくしています。
・資産配分比率: 日本を含む先進国のREIT計117銘柄に以下の国別構成比率で投資(2014年10月31日時点)

ワールド・リート・オープン(1年決算型) 国別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。ファンド全体での予想配当利回りは年4.4%となっています。

ワールド・リート・オープン(1年決算型) 組入上位10銘柄の構成比率 


・償還日:無期限
・運用:国際投信投資顧問株式会社
・為替ヘッジ:なし

 



ワールド・リート・オープン(1年決算型)・管理人の感想

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)よりは分配金が少ない分だけまだましですが、 世界リートファンドとして信託報酬1.55%(税抜)はあまりにも高コストです。

ベンチマークもなく、参考指数とリターン比較のグラフもありません。(もちろんリターンは参考指数を下回っています)  アクティブファンドは、基準となるベンチマークを上回ることが絶対的な使命です。その意味では、アクティブファンドとしての存在価値は全くありません

日本リートは入っていないSMT グローバルREITインデックス・オープン信託報酬0.55%)との過去3年のリターン比較は以下の通りです。

ワールド・リート・オープン(1年決算型)とSMT グローバルREITインデックス・オープンのリターン比較


SMT グローバルREITインデックス・オープンのベンチマークはS&P先進国REIT指数(除く日本)
なので、日本が入っているかどうかの違いは有りますが、参考までに比較しています。

言うまでもなく、低コストインデックスファンドの優位性は明らかです。

このように、世界のリートに低コストで投資したい場合は、ニッセイ グローバルリートインデックスファンド信託報酬0.45%)や、SMT グローバルREITインデックス・オープン信託報酬0.55%)にすれば十分です。



ワールド・リート・オープン(1年決算型)の購入先

ワールド・リート・オープン(1年決算型)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券カブドットコム証券楽天証券マネックス証券イオン銀行

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る