ブルベアファンドをノーロードで購入する方法

個人投資家に大人気のブルベアファンド。投資対象としてはどうなのか?という意見は置いておいて、これをノーロードで購入する方法がありますので、ご紹介します。

(2014年8月14日追加)

唯一、フィデリティ証券を使えばノーロードで購入可能

大人気のブルベアファンドですが、売れ筋商品ですから、大手証券会社ではすべて、購入手数料が高額です。

その中にあって、フィデリティ証券の下記・ノーロードキャンペーンを利用すると、どなたでも完全に、ブルベアファンドをノーロードで購入可能です



フィデリティ証券・全ファンドノーロードへのリンクはこちら


例えば、「新光Wブル・日本株オープンIII」を買うとします。この場合、ノーロード投信の取扱い本数がナンバーワンの、SBI証券でさえも、1.08%の購入手数料がかかります。

かりに300万円購入しようとしたら、手数料だけで3万2400円も取られてしまうんですよ!!

もしも3.24%と、一般的な手数料を取られるとしたら、手数料だけで9万7200円もかかるのですよ。これがノーロードで済む、フィデリティ証券証券は素晴らしいです

(なお、ノーロードキャンペーンは、年に2回ほど開かれますので、そのタイミングを逃さないようにしてくださいね!)



当サイト推奨のSBI証券でさえ、ブルベアファンドは有料

当サイトでは、ノーロード投資信託の取扱い本数が多くて、しかも信託報酬の割引制度のあるSBI証券の利用をおススメしています。

ですが、そのSBI証券をもってしても、ブルベアファンドは全て手数料有料です。

SBI証券のブルベアファンド取扱いラインナップ

繰り返しますが、ブルベアファンドの購入手数料は、かなり割高です。どうせ買うのであれば、極力コストを削減して、投資の利益が最大化できるように工夫したいところです。

なお、ブルベアファンドの普及というか推進に熱心な、野村證券などのいわゆる大手証券会社も、当然有料です。



ただし、フィデリティ証券のブルベアファンドは、まだ2種類

と、かなり威勢の良い事を書いてきましたが、実はフィデリティ証券、毎月分配型投資信託を購入する方には大人気なのですが、ブルベアファンドの取扱いはまだこれからという段階で、現在は2種類しかありません。(下記)

 ・新光Wブル・日本株オープンIII
 ・新光Wベア・日本株オープンIII




ですが、2014年夏のランキングでは、堂々の2位にランクインするくらい人気が高いです。リターンも、1年で3割も増えているんですから、人気が集まるのも分かりますね。

このファンド、手数料2.1%が、フィデリティ証券の口座開設キャンペーン(ノーロードキャンペーン)を利用すると、無料になります。

おそらくブルベアファンドの人気の高さから推測すると、今後はもっとさまざまなタイプのブルベアファンドが取り扱い開始になるのではないかと思います。



ノーロードで購入できる、フィデリティ証券の公式サイト

当初はSBI証券のみで取扱いが始まります。


フィデリティ証券・全ファンドノーロードへのリンクはこちら

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る