高コストの直販型投資信託ってどうなの??

ここでは、いまさら聞けない投資信託に関する様々なご質問や、投信業界に対してのご意見、各種ご相談などを受け付けております。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください

寄せられたご質問は、随時、下記の通り回答していきます。どうぞ参考になさってください。

寄せられたご質問とその回答

ユニオン投信に投資している方から、高コストの直販型投信に関してご質問をいただきました

2014年2月:いぃさん様(男性・年代不明)よりのご質問

こんにちは。いつも拝見させていただいております。 ファンド選びの参考にとても役立ち感謝しております。

私はインデックスファンドを中心に積立投資をしています。以前ユニオンファンドを積み立てていましたが、運用コストが高いと感じ、現在は積立していません。

ユニオンファンドは、ファンドオブファンズということもあり、運用コストが1.9%(実質)ですが、このコストは妥当といえるのでしょうか。

ユニオンファンドは利益が出たら「社会貢献へ使う。」と宣言しています。私は社会貢献も大切ですが、先ずコストを見直すほうが先と考えてしまいます。

現在ユニオンファンドは、ただ、ただホールドしているだけで、解約しようか悩み中です。 管理人様より、ユニオンファンドについて評価頂けたら幸いです。


ご回答

ご質問、ありがとうございました。

>以前ユニオンファンドを積み立てていましたが、
>運用コストが高いと感じ、現在は積立していません。

>ユニオンファンドは、ファンドオブファンドということもあり、
>運用コストが1.9%(実質)ですが、
>このコストは妥当といえるのでしょうか。


全くもって自然な疑問ですね。運用コストが実質1.9%±0.3%という段階で、ただのぼったくりファンドです。

日本、欧米、新興国株式に投資するバランスファンドにこれほどまでにコストをかける合理的な理由は見つかりません

なんとなく有名なアクティブファンドにまとめて投資するといい成績が出ると思っている程度で、理念も何も見えません。

今はこんな高コストファンドを利用しなくとも、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド世界経済インデックスファンドなどの低コストでより分散の効いたバランスファンドに投資できる環境です。

また、低コストインデックスシリーズを使って資産クラス毎にバラでファンドを買ってオリジナルなアセットアロケーションを組むことも容易です。


>ユニオンファンドは利益が出たら「社会貢献へ使う。」
>と宣言しています。私は社会貢献も大切ですが、
>先ずコストを見直すほうが先と考えてしまいます。


その通りです。 直販ファンドにありがちな、「社会貢献」や「長期投資」などの耳触りの良い言葉をちらつかせれば、解約を防ぐ効果があるのかもしれません。

社会貢献や寄付と、投資は完全に切り離して考えるべきものです

意味のない理念にとらわれず、資産運用のために低コストで良質のファンドを個人投資家が選択する必要がありますね。

(どうしても投資に「理念」がほしかったら、同じく独立系で直販型投信のセゾン投信のセミナーに行ってみると良いでしょう。理念と低コストが上手く同居しています)


⇒参考:ユニオンファンドの評価・解説

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る