企業型DCがある故にポ-トフォリオに悩む

今回は、企業型確定拠出年金の口座内での積み立て投資と、つみたてNISAや特定口座も含んだ積み立て投資の全体のポートフォリオ構築のお悩み相談です。

投資信託質問コーナーへ
ご質問等は、コチラのお問い合わせフォームをご利用ください


 


それぞれにふさわしい商品を教えてください

2019年2月:ヨシダ様(男性・40代)よりのご質問

おはようございます。資産運用の勉強を始め2年になる40歳男性の投資初心者です。ようやく実行に移せる段階まできたと思い相談します。相談内容は「企業型D.Cがある故にポ-トフォリオに悩む」です。
----------------------------------------------------------------------------------------
本来会社にD.Cがなければemaxis-slim全世界株式(オ-ルカントリ-)が理想に近く、これ一本で運用したいのですが、あるが故にこの比率に近づけようと商品選びに悩んでます。

当初D.Cの部分は預貯金にして当たらずそのままにしておこうと思いましたが節税効果を活かすため、活用しない手はないかと。各ラインナップ中からD.Cを下記にした場合、特定・つみたてNISA口座に相応しい商品を教えて下さい。

・D.C管理運営機関:三菱UFJ信託銀行
・商品は「DCダイワ外国株式インデックス」信託報酬0.27%

----------------------------------------------------------------------------------------
僭越ながらプロフィール及び投資スタンスはご説明します。家族構成は専業主婦 子供1歳、0歳。「自分が他界したらどうなるか?」その不安を払拭するためライフプランを決めました。

リスク/無リスク資産:50:50に分け、無リスク資産は銀行預金(SBJ.オリックス.住信SBI)、そしてリスク資産を用いて「特定口座・つみたてNISA・D.C」の3本柱での運用です。

アセットアロケ-ション:国内株式:先進国株式:新興国株式 1:8:1
・リスク許容度:-50%(大暴落が来ても辞めない覚悟です)
・企業型D.C:マッチング制度なし
・主力は株式、低コスト、手間をかけずにシンプル
・運用資金は月10万からはじめ、追加資金を投入予定
・証券会社はSBI松井証券



ポートフォリオとアセットアロケーションの違い


ご回答:難しいことは無く、シンプルにemaxis-slimを買いましょう

ヨシダさま、お便りを拝見して、実際に投資を始めるまでに2年もの歳月をかけて慎重に対応されたという点に、感動を致しました。

まずは多少の積み立てをやりつつ勉強を始めるという方法も良いとは思いますが、世の中の大半は、ほぼ一生投資の勉強もしようとしません。

銀行などに勧められるままに、例えばピクテ・グローバル・インカム株式ファンドのようなボッタクリ投資信託を買ってしまったり、楽天証券IFAからの無茶苦茶な提案を鵜呑みにしてしまったりする連中が多い中、実に素晴らしいことだと思いました。

だいたい、ゆっくりと勉強していたとしても相場は逃げません。本人の納得がいってから相場と向かい合えば良いだけであり、焦る必要など全くありませんね。

さて、今回の件は、既に企業型DCの部分はDCダイワ外国株式インデックス1本で行く事が決まっておりますので、つみたてNISAと特定口座の部分は単純に日本株と新興国株をあてがってやれば良いでしょう。

企業型DCで月額どのくらいの金額の積み立てになるのか分からないので、細かい配分は申し上げる事は出来かねますが、つみたてNISAにeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを、特定口座にeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)をあてがってやれば良いでしょう。

企業型DCの部分だけで先進国株を月額8万円(10万円の投資資金の内の8割)も使えませんので、つみたてNISAにはeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを充当するとして、先進国株の「はみ出した部分」は特定口座で積み立てれば良いですね。つまり、

企業型DC:DCダイワ外国株式インデックス1本
つみたてNISA:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス1本
特定口座:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)と、先進国株及び新興国株の残りの部分


となりますね。特定口座の先進国株の残りの部分には、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスで充当するので決まりだと思います。

eMAXIS Slimインデックスシリーズは、常に業界の最低コストの信託報酬を目指す事がコンセプトですので、商品選びに迷ったら、ここを選んでおけば間違いありません。

これで、1年経過ごとに特定口座でリバランスをしてやれば良く、実にシンプルな資産運用を長期に継続する事ができます。なんだか、投資の見本のようなポートフォリオになりますね。追加資金を投じる際に、それでリバランスを兼ねると、より容易になりますね。

以上が、今回のご質問に対する回答になります。今後、一度は「震え上がるような大暴落」も経験すると思いますが、ぜひ乗り越えて頂いて、相場に居続けましょう。相場の世界は、「生き残っている=全員成功者」でもあります。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る